ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

アダムスゴルフの90年代中期の名器「タイトライズ」が現代版で復活

2021/10/21 10:05

オリジナルのアダムスゴルフ「タイトライズ」フェアウェイウッドを覚えている人は多いだろう。1995年にデビュー。伝えられるところによると、バーニー・アダムスが20分で描いたスケッチを基に考案された。独自の「上下逆転ヘッドデザイン」や「3面ソールフェース」、低重心設計は、様々なライから容易に高弾道のショットを打てることから、アベレージゴルファーにとって天啓となった。

アダムスの発明品は、1996年に「ゴルフチャンネル」で放送された、スポーツキャスターのジャック・ウィタカーとスイングコーチのハンク・ヘイニーによる30分の紹介番組により、人気が爆発した。1997年に、同社はこのクラブで3000万ドル以上の売上げを記録。1998年には、100万本近くのタイトライズがコースで使用され、PGAツアーチャンピオンズ(シニアツアー)では3番目に使用率の高いフェアウェイウッドとなった。

<< 下に続く >>

90年代末にフォアサムでラウンドすると、少なくとも一人はタイトライズのフェアウェイウッドを使用していたほどだった。

「クラブが成功した理由は、役に立ったからです」と、アダムスは1998年に「ダラスマガジン」で簡潔に述べている。

そして今、タイトライズはレトロ感満載の外見に新しいテクノロジーを携えたクラブとして戻って来た。この度アダムスゴルフがリリースした新しいタイトライズ フェアウェイウッドとハイブリッドは、オリジナル版に搭載されていた3面ソールを踏襲。フェースのトップには、ティショットを打ちやすくする新設計が盛り込まれつつ、薄型ヘッドと低重心は保持されている。

約10年前にリリースされた一世代前のタイトライズから素材がアップグレードされたのに加え、新しいタイトライズにはクラブフェースの後ろにベロシティスロットが搭載されており、これによりフェースの柔軟性が向上するため、高初速とオフセンターヒットの向上が実現する。

アダムスは2012年にテーラーメイドに買収された。2013年には、テーラーメイドの技術者たち手により、タイトライズのアップデート版が市場に出たが、このファミリーに新しい仲間が加わるのはそれ以来となる。

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!