ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/07〜01/10 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

ダスティン・ジョンソン&ジャスティン・トーマスも新ドライバーを実戦投入

ジョン・ラームのキャロウェイへの用具変更は、「セントリートーナメントofチャンピオンズ」の大会序盤において最大の話題となったが、ビッグネームの2人、ダスティン・ジョンソンジャスティン・トーマスも新しいギアを実戦投入した。ともにカパルアで新しいドライバーを使用、初日は最終組で一緒にプレーした。

現在フェデックスカップランキング1位のジョンソンは、同大会からテーラーメイドの新しいドライバー「SIM2」(10.5度)をバッグに入れた。このクラブには、信頼を置く藤倉コンポジットのベンタス6 Xシャフトが装着されている。さらにジョンソンは、ベンタスブラック9 Xシャフトを装着した3番ウッド「SIM2 HL」(16.5度)も投入。新ドライバーでさらなるボール初速を獲得したが、最も顕著だったのは、フェース全体に行き渡った寛容性の高さだった。

<< 下に続く >>

「新しいSIM2はとても気に入った」と、SIM2ドライバーについて記者たちに語ったジョンソン。「見た目も最高だし、打感も最高。僕は常にさらなる飛距離とさらなる安定感を求めているけれど、今使っているのはとても良い感じ」

新しいSIM2に関する技術的な詳細情報こそないが、これは先ごろUSGAの適合リストに載り、いわゆるシーディング(クラブをツアープレーヤーの手に委ねるプロセス)が始まった。テーラーメイドは、ウェイトをよりクラブの外周へ移動させることでSIMのオリジナルデザインをアップグレードした模様であり、これには慣性モーメント(寛容性)と打ち出し角を向上させる重量のあるリアウェイトも含まれる。さらに、SIMのウェイトトラックも新しい構造に変更された。

同週にはプロ転向からテーラーメイドの用具を使用してきたジョンソンが、同社との長期契約延長に合意したことが発表された。

最近ボールを変えたトーマスも新ドライバーを使用している。昨年終盤から新しい「プロV1x」ボールを使用し始め、12位タイに入った「マヤコバゴルフクラシック」から実戦投入。アイアンショットがより高弾道になった。

「僕はもう少しボールの高さを得ようとしていたんだ。グリーンが硬くなったときやロングアイアンで打った時も、もう少しボールがグリーンで止まるようにね」と、昨季ツアーのストローク・ゲインド アプローチ(グリーンを狙ったショットの貢献度)でランキング首位だったトーマスは述べた。

タイトリストの新しいドライバー「TSi3」への乗り換えに関しては、後発組だったトーマスだが、機能する組み合わせを見つけたようである。昨季終盤のトーマスにとって、最大の問題は打ち出し角の低いTSi3ヘッドのスピン量だった。

タイトリストのツアーレップ、JJ・ヴァンウェゼンベック氏とテストを重ねた結果、シャフトはより打ち出し角の高いベンタスレッド6Xに落ち着いた。この組み合わせにより、ボール初速が時速4マイル向上し、時速179マイル(80m/s)になっただけでなく、打ち出し角を維持しつつスピン量の低下はわずか200RPM(2300から2100へ)へ抑えることに成功した。以前の組み合わせでは、スピン量が2000以下に落ちており、トーマスにとっては実戦で使用できるレベルに達していなかった。彼はヘッドのロフト角が9度のドライバーを使用している。

「ジャスティンにとって大きな進歩は、ボール初速の向上だった」とヴァンウェゼンベック氏。「彼のボール初速は、彼の使用していたTS3に比べ最低でも時速2マイルは上がったし、新しいシャフトにより適正な打ち出し角とスピン量が得られるようになり、彼の好む弾道が実現し、彼に揺るぎない自信を与えることができた」

TSi3とトーマスのTS3の違いは、新しいクラブの名称に含まれる「i」の字に注目すると読み解くことができる。

GolfWRXのライアン・バラス氏はこれについて、「エンジニアたちはドライバーのフェースの上部と下部をより安定させることで打ち出し角とスピンの安定性を同時に実現し、一貫した数値と最適なコンディションからの小さな標準偏差を実現する方法を模索することに膨大な時間を費やした」と述べた。

「タイトリストによると、TSi2の高低の慣性(inertia)は13%向上し、TSi3では10%向上したという。エンジニアリングの世界では、1桁の進歩が大きな前進と考えられているので、タイトリストが両方の製品で2桁に到達したことは大躍進と見るべきだ」としている。

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!