ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・バークレイズ
期間:08/21〜08/24 場所:リッジウッドCC(ニュージャージー州)

ライダーカップの主将推薦候補も予選落ち

2014/08/24 10:45

By Helen Ross, PGATOUR.COM

「ライターカップ」で米国代表を率いるトム・ワトソンが主将推薦候補に考えている2人の選手が、早くも「ザ・バークレイズ」から去った。

ブラント・スネデカーウェブ・シンプソンは、来週の「ドイツバンク選手権」でワトソンにアピールし、9月2日の主将推薦選手発表を待つことになる。

<< 下に続く >>

今大会終了後のフェデックスカップランキング100位までの選手にのみ、TPCボストンで行われる次戦に出場する権利が与えられる。シンプソンは「ザ・バークレイズ」開催前の時点で15位、スネデカーも55位だったため、次戦出場は確定と考えていい。

欧州代表の主将推薦候補とされるイアン・ポールタールーク・ドナルドも予選落ちした。主将のポール・マギンリーは、ワトソンが決断を下す約12時間前に推薦選手を発表する予定だ。

ドナルドは「ザ・バークレイズ」前の時点でフェデックスカップランキング66位、ポールターは78位だった。

今シーズンの大半でフェデックスカップランキング1位だったジミー・ウォーカー(現在2位)も予選落ち。TPCボストンで首位返り咲きを狙う。

「ザ・バークレイズ」でほかに予選落ちした選手の中には、ジェフ・オギルビールイ・ウーストハイゼン、そしてパインハーストNo.2コースで開催された今シーズンの「全米オープン」で優勝したマーティン・カイマーというメジャー優勝経験者がいる。

大会前の時点でランキング123位だったウーストハイゼンは、ポイントを加算できなかったため、プレーオフシリーズからの敗退が決定した。

14位で大会を迎えたカイマーはTPCボストンでプレーする権利を手中に収めている。一方、90位から101位にまで順位を落としたオギルビーは、リッジウッドでの最終日の結果を待つ必要がある。

先週の「ウィンダム選手権」で優勝したカミロ・ビジェガスも予選を通過できなかったが、グリーンズボロでの勝利でランキングを37位に浮上させたため、「ドイツバンク選手権」出場を確定させている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

2014年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!