ニュース

米国男子シェル ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 シェル ヒューストンオープン
期間:04/03〜04/06 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

「マスターズ」に向け勢いを増すマキロイ

2014/04/07 11:03

By Sean Martin, PGATOUR.COM

ゴルフクラブ・オブ・ヒューストンでの「シェル ヒューストンオープン」最終日を「65」で終え、次週に迫った「マスターズ」へと弾みをつけるロリー・マキロイ。ノーボギーで回ったこの日の数字は今大会のロースコアでもある。

「週を締めくくるにはちょうどよかったね」と、マキロイ。彼は最終日を3サムの最初の組でスタートした。「少なくとも今日は60台で回って、いい感じでオーガスタへと向かいたかったんだ。今日はよくやったよ。ティからグリーンへのプレーもかなりうまくできた」。

マキロイは最終日、13ホールでパーオン。また、それ(13)以上のホールでパーオンしたのは、今大会で3日目だった。ティショットの平均飛距離は309.3ヤード。マキロイの今週のパットのスコア貢献率は-0.633で、60位だった。

「決めるべきパットを沈めて、とにかく一日中、ボールをしっかり運ぼうと思っていた」と、マキロイ。「約3メートル以内の近距離のパットは確実に沈めた。パットがいくつか決まるのを見るのは気分が良かったね。来週(マスターズ)を前にして、自信になったよ」

今大会は37位タイで最終日に臨んだマキロイだが、スコアカードに署名した時点でトップ10位内に浮上。最終18番ホールでは、2メートル弱のバーディパットを沈めてホールアウトした。

「今週のプレーには満足している。優勝争いに加わるという点では、やりたいようには事が運ばなかったけど」と、マキロイ。「でも今日で、その埋め合わせをしたようなものかな。今晩飛行機に乗って(オーガスタへと)向かうには最高の気分だね」

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 シェル ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~