ニュース

米国男子WGCアクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」3日目振り返り(その1)

BOBBY JONES BRACKET

<勝者:L.ウーストハイゼン 5&4 W.シンプソン

メジャー優勝経験のある2人の争いは、まずウーストハイゼンが2番ホールでイーグルを奪い、バーディとしたシンプソンを上回り1アップとした。アメリカ出身のシンプソンはすぐさま4番と5番を獲って1アップと逆転したが、試合を通してリードを奪ったのはこのホールのみだった。第8シードのウーストハイゼンは6番で6メートルのバーディパットを沈めてオールスクエアとすると、その後5ホール中4ホールで勝利。ウーストハイゼンが勝った4ホール中3ホールでシンプソン(第5シード)のボギーによるものだった。11番で5メートルのバーディパットを決めたウーストハイゼンは、11番を終えて4アップ。13番では12.5メートルのロングパットを2パットで沈め、シンプソンがグリーンサイドのバンカーから打った3打目を直接決められなかったため、ウーストハイゼンの準々決勝進出が決まった。

ウーストハイゼンの話「5ホールまでを終えて、ウェブは3アンダーで、自分は2アンダーだったと思う。10番、11番でじゃティショットを失敗してしまったけれど何とかバーディを決められた。彼はボギーやパーとしてしまう難しい場所にティショットを運んでしまったから。自分はパットの状態も悪くなくて、バーディをまとめて決められた」
次戦の相手:ジェイソン・デイ

<勝者:J.デイ 3&1 G.クッツェー

2回戦までは対戦相手を追う立場で試合を進めたデイだったが、この日は出場した直近3試合で5位以内と好調の南アフリカ出身クッツェーに1度もポイント先行を許さなかった。ただ楽な逃げ切りだったわけでもない。クッツェーは1番で、自身が20メートルのパーセーブに失敗すると、1.2メートルのバーディチャンスにつけていたデイにOKを出して1ダウンとしたが、パー5の2番でバーディを決めてオールスクエアに戻した。だが、試合の流れは次の3番で決してしまう。池に落としたクッツェーに対し、デイはその後リズムを失わず、5番までに2アップ。クッツェーも2ホールで勝利して迫ったがオールスクエアには戻せず、デイがラスト7ホール中4ホールでバーディを記録し、試合を決めた。昨年の大会で3位だったデイは、今大会での戦績を11勝3敗とした。

次戦の相手・ルイ・ウーストハイゼン

BEN HOGAN BRACKET

<勝者:R.ファウラー 1アップ S.ガルシア

最終ホールで1.2メートルのバーディパットを決め、勝利したのはファウラーだったが、試合のハイライトは7番で見られたガルシアの潔さだった。6番でのドロップに長時間を要したガルシアは、ファウラーに申し訳ないと思ったのか、次ホールでファウラーの5メートルのパーパットをコンシードした。16番までリードしていたのはガルシアだったが、ラスト3ホール中2ホールでバーディを奪ったファウラーが接戦を制した。

ガルシアの話「(7番でのコンシードを)後悔していない。ゴルフは紳士のスポーツ。最近はそういう姿勢を見かけないけれど、自分はそうやって教えられてきた」
次戦の相手:ジム・フューリック

<勝者:J.フューリック 1アップ H.イングリッシュ

アリゾナ近郊の学校に通っていたフューリックだけに、勝利は当然。しかし、激戦だった。2番、3番、6番でボギーとしたフューリックは早々に3ダウンとしたが、全米オープン優勝者は調子を取り戻し、その後11ホールで5バーディを記録して勝利。14回出場している同大会での戦績を14勝13敗とした。フューリックは7番、10番をパーで獲ると、12番では3メートルのバーディパットを沈めてオールスクエアに戻すことに成功。14番でイングリッシュがボギーとしたため、試合を通して初めてリードを奪った。続く15番でイーブンとなったものの、16番でフューリックは9メートルのアプローチをチップインバーディとして再び1アップ。その後2ホールでバーディ、パーを記録してリードを守り、同大会でキャリア初となる準々決勝進出を決めた。

フューリックの話「1回戦、2回戦では序盤に2ダウンとなって、今日は6番ホールまでに3ダウンとなった。不利な状況は今大会で経験していたから、自分に『これまでに経験したことなんだから、落ち着いて、目の前のプレーを決めることだけに集中して、出来る限り差を縮めよう』と言い聞かせた。ハリスが7番でボギーを記録した時は、こんなに早く差を縮められて良かったと思ったよ。それから少しずつ試合をコントロール出来るようになった」
次戦の相手:リッキー・ファウラー

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 WGCアクセンチュアマッチプレー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~