ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 フライズドットコムオープン
期間:10/10〜10/13 場所:コルデバレーGC(カリフォルニア州)

注目のホール:17番ホール

By Jeff Shain, PGATOUR.COM Correspondent

今日の米国ツアーでは、ドライバーでワンオンが狙えるパー4のホールがいくつもあるが、中でもコルデバレーGCの17番は多くの選手が果敢に挑みたがるホールだ。

もっとも、皆がその挑戦に成功するわけではないが。

ショットリンクデータの記録によると、昨年の「フライズドットコムオープン」ではこのホールで、ドライバーでのグリーンオンに挑んだ選手の3人に1人が成功しており、それは米国ツアーを通して最も高い水準だった。

その結果、このホールでは8つのイーグルが記録され、それは同コースにある2つのロングホールの合計よりも多い数だった。グリーンに止めることができなかった選手も、65%の確率でバーディを奪っており、これも米国ツアートップだ。

「一部の選手にとって、17番は危険を冒す価値のあるホールだね」と2010年の同大会覇者ロッコ・メディエイトは話した。

358ヤードと公表されている17番は、ティからグリーンまでの右側が池に覆われている。グリーン左にふたつ、右にも大きなバンカーがあり、そして手前にも小さなバンカーがある。

グリーンの後方は高さがあり、第一打でグリーンを狙う選手にとってその高さがバックボードの役割を果たしている。

大会最初の2日間は、バックティが使用される。

「バックティからどれくらいの距離かは分からないけど・・・」とメディエイト。「あの距離でワンオンさせられる選手を僕は知らないけど、間違いなくいるだろうね」。

週末の決勝ラウンドではティが前に移動される。最終日、最終ホールのひとつ前にある17番は、一発逆転を狙うラストチャンスのホールとなる。

あるいは、2010年の最終ラウンドでメディエイトが見せたアプローチショットを真似する選手もいるかもしれない。

メディエイトはワンオンを狙わず、ウェッジでホールアウトし、アレックス・プルーとボー・バンペルトを1打差で下した。

「あれはクールなティだった。状況を一変させたからね」とメディエイト。「もし1、2打差を後ろから追いかける展開ならば、僕がしたようなプレーではなく、一気に勝負をかけられる」。

プルーは、この17番で大会4日間を通じて最高のパフォーマンスを見せた。ワシントン出身の彼はこのホールで、最初の2日間バーディを奪い、そして決勝ラウンドの2日間を共にイーグルとし、このホールだけで6アンダーとした。同じ年に、クリス・ディマルコもこのホールで4日間通じて5アンダーとした。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 フライズドットコムオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!