ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

悪夢から2年。J.ダフナーが全米プロで雪辱

By PGATOUR.COM staff

最終盤の4ホールで3ストロークのリードをふいにし、プレーオフの末に敗れた全米プロから2年、ジェイソン・ダフナーは最終ラウンドで「68」の好スコアを叩き出し、今度こそワナメーカー・トロフィーにその名を刻んだ。

「まだ実感が湧かないよ」と第一声を口にしたダフナー。「自分が優勝したことがいまだに信じられない。2年前のこの大会でキーガン(ブラッドリー)にプレーオフで負けたところから、今回こうして勝利できて最高の気分だ」と優勝を喜んだ。

<< 下に続く >>

2日目にメジャータイ記録となる「63」をマークしたダフナーは、オークヒルCCでの4ラウンドを通算10アンダーで終え、同組でプレーしたジム・フューリックを2打上回った。2度目のメジャー制覇を目指したフューリックは最終日を「71」で終えた。

全英オープンで2位、WGCブリヂストンインビテーショナルで2位タイだったヘンリック・ステンソンは、最終ラウンドを「70」でラウンドし、通算7アンダーで3位フィニッシュ。ステンソンと同じくスウェーデン出身のジョナス・ブリクストは、自身2度目のメジャーで単独4位に入った。

ダフナーは2年前、アトランタ・アスレチッククラブでキーガン・ブラッドリーに圧倒的優位を覆され、3ホールのプレーオフの末に敗れる前、2日目と3日目終了時点では首位タイに立っていた。今回は、首位のフューリックを1打差で追う状況で最後日に入ったが、4番、5番の連続バーディでリードを奪うと、それを手放すことはなかった。

「自信を持ち、ベストを尽くして積極的にプレーし、優勝を目指していた。怖がったり、弱々しくプレーしたりするつもりはなかったよ。この優勝は自分のキャリアの大きな一歩になった」とダフナーは振り返った。

ダフナーは控えめにガッツポーズをした後、妻のアマンダ、そしてブラッドリーと抱擁を交わした。過去21度のメジャー大会で19人目のチャンピオン。通算3勝目だった。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!