ニュース

米国男子3Mオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 3Mオープン
期間:07/04〜07/07 TPCツインシティーズ(ミネソタ州)

50年ぶりツアー復帰に華 2人のベテラン“ミネソタン”が躍動

◇米国男子◇3Mオープン 初日(4日)◇TPCツインシティーズ(ミネソタ州)◇7468yd(パー71)

地元ミネソタ州出身の60歳、トム・レーマンが大会初日に堂々の4アンダー。首位と4打差の18位タイと好スタートでギャラリーをおおいに沸かせた。

この日の平均飛距離は269.5ヤードで150位。だが、100%のフェアウェイキープ率がポイントだった。「ここのグリーンはフェアウェイからだと狙いやすい。広いし、そこまで大きな傾斜もなく、それにいまはやわらかい。だから、フェアウェイにボールを置くことが、このラウンドの鍵だった」。グリーンを外したのは3ホール、パーオン率83.3%を記録した。

開催コースのTPCツインシティーズの改修にはアドバイザーとして参画し、コースのことは知り尽くしている。地元ファンの声援に加え、キャディに従えた息子のショーンさん(16歳)も、父の好プレーを後押しした。

レーマンはPGAツアー5勝、チャンピオンズツアーでも今年1月の「三菱電機選手権」を含む12勝を挙げている。また、米下部コーン・フェリーツアー、PGAツアー、チャンピオンズツアーの3ツアーでプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得した唯一の選手でもある。

この日、同じくミネソタ州出身のティム・ヘロン(49歳)が8番(パー3)で、ツアーで自身2度目となるホールインワンを達成した。

ミネソタ州で50年ぶり開催となったPGAツアーの復帰初日を祝福するように、2人の“ミネソタン”が大会を盛り上げた。(ミネソタ州ブレイン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 3Mオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。