ニュース

米国男子ロケット・モーゲージ・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹はバーディ締めで浮上「優勝には10アンダー必要」

2019/06/30 08:28


◇米国男子◇ロケット・モーゲージ・クラシック 3日目(29日)◇デトロイトGC (ミシガン州)◇7340yd(パー72)

5打差を追って11位から出た松山英樹は4バーディ、ボギーなしの「68」で通算13アンダーとし、9位に浮上して最終日を迎える。独走する首位のネイト・ラシェリーとは10打差にひらいたが、2位とは4打差のポジション。「優勝には10アンダーくらい必要になると思うけど、ベストを尽くせればチャンスはあると思う」と自らを鼓舞した。

追い上げが求められる立場ながら、前半はチャンスを逃して停滞が続いた。3番ではピン奥1mのパットがカップをそれ、5番(パー3)では4mのバーディパットがわずかにショート。「あともうひと押しで入る、というパットが結構あった。きのうまでとは、ちょっと違う感じだった」。チャンスホールの7番(パー5)でも、6mのパットがカップのわずか手前で止まり天を仰いだ。

ストロークの感触は悪くはないが、後半11番(パー3)までパーが続く展開。「(入るのを)待っていれば、という状況ではなくなった」と気持ちがはやる中で、ようやく12番で8mのバーディパットがカップの底をたたく。「距離は長かったけど入ったので良かった。大きかったと思う」。13番でも1.5mにつけて連続バーディとすると、アゲンストの強い風が吹いた17番(パー5)では278ydから3Wを強振してピン左5mに乗せ、2パットで3つ目のバーディを奪った。

流れに乗って迎えた最終18番。ラフが茂る左サイドのペナルティエリアからの2打目をグリーン手前6ydに運ぶと、上って下るスライスラインをパターでねじ込みガッツポーズを作った。「(2打目が)たまたまいいところにあって、打ったらチャンスについて入った、というだけなので。バーディを獲った感じはないですけどね」とサラリと振り返りながらも、最終日につなげる上では自身も認める価値あるバーディフィニッシュとなった。

11番と15番のパー3では、バンカーからパーを死守してピンチを回避した。「このコースは(スコアを)落としているようじゃ話にならない」と、2ラウンド連続のノーボギーも優勝を争う上での最低ラインだ。首位に10打差とはいえ、ラシェリーのスコア次第ではチャンスの芽も膨らんでくる。「ビッグスコアを出して終われれば」。首位の背中は、まだ見失ってはいない。(ミシガン州デトロイト/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ロケット・モーゲージ・クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。