ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/16〜05/19 ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)

「全米プロ」史上初! ケプカ連覇へ2度目の大会ベスト「63」

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 初日(16日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70)

世界ランキング3位のブルックス・ケプカが連覇へ力強く踏み出した。7バーディ、ボギーなしの7アンダー単独首位。前年大会の第2ラウンドに続き、「全米プロ」史上初になる2度目の大会最少ストロークに並ぶ「63」を記録し、「僕のキャリアで最高のラウンドだ」と胸を張った。

観客の大声援が主に同組のタイガー・ウッズに向けられる中、「楽しいもの。観客が多いのは良いことだ」と力に変えた。前半の難関10番で13mを決めバーディ発進すると「これでいけると思った」。最終9番は10mを決める7つ目のバーディで締めくくり、「ベストを尽くそうとしただけ」と余裕の笑み。フェアウェイキープ率は64.29%。深いラフに入れると罰打同然、ただ規格外の29歳にそんな常識は通用しなかった。

出場155人(棄権1名)の平均ストロークは「73.064」で、アンダーパーはわずか16人。ウッズが「きょう、ケプカが出来る最高のスコアを出した」と評価すれば、4位につけたパット・ペレスは「コースが簡単に映るよ」。ツアー仲間たちも驚嘆交じりに称賛を惜しまなかったが、当の本人は「60を出せた」とさらりと言いのけた。

今週の開幕前には「ピークを合わせられる分、メジャーの方が優勝しやすい場合がある」と主張していたケプカ。前週「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」では4位に入った。ウッズの2006、07年以来になる大会連覇に向けて、視界は良好だ。(ニューヨーク州ファーミングデール/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。