ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/02〜05/05 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

今季初の予選落ち危機 松山英樹「根本的にスイングにずれ」

2019/05/03 09:58


◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 初日(2日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71)

前半こそ必死に耐えたが、中盤以降にスコアを崩した。松山英樹は「73」で回り2オーバーの83位タイ発進。カットライン(70位タイ)まで1打差と今季ツアー12試合目(※ストローク戦に限る)で、初の予選落ち危機となった。

3週ぶりの実戦は、序盤からショットが定まらなかった。前半11番で1Wを右に出すと、第2打を左のガードバンカーに入れてボギーを先行させた。14番からの2連続バーディなど、しぶとさを見せながらも、高難度連続3ホール“グリーンマイル”最後の18番。右フェアウェイバンカーのアゴ付近の第2打でレイアップを選択し、8m残したパーパットを外して貯金を消した。

折り返しの1番は「後半に入って、なかなかパットもうまく打てなかった。そこも課題」と1mを外しボギー。続く2番でもボギーを叩き、厳しい表情を見せた。

長距離コースに第1打は1Wを多用したが、同組パトリック・リードポール・ケーシー(イングランド)に差をつけられるホールも多かった。「今のままではダメだと思い、色々チャレンジしてはいるけど、なかなかすぐにうまくはいかないですね」と振り返った。

必死の調整が実らないもどかしさはあるが、4つあるパー3で3度グリーン右手前に外すなどアイアンも不発。「根本的にスイングがずれているので、仕方ない」とフェアウェイキープ率、パーオン率がともに50%では、昨季ツアー全体5番目になる難度のコース攻略は望めなかった。

「(ショット不振の)原因はたくさんある。一つずつ、つぶしていかないとと思って(練習を)しているけど、試合になると悪い部分が出た」。スイングの修正点を問われると、「それが多すぎる。まあ、そんなことを忘れて打てば、真っすぐいくのかもしれない。僕にはそれができないので」と自嘲気味に言うが、昨年7月の「全英オープン」以降、ツアーで18戦連続4日間プレーし続けるのは、地力にひたむきな姿勢が加わるからでもある。

2週間後のメジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」(ベスページブラック/ニューヨーク州)を前に珍しく2連戦を予定する。「少しずつ(良くしよう)って思っていたら、永遠と良くならないと思う。やれるように頑張りたい」。らしい表現で危機感を口にすると、厳しい日差しが注ぐ練習場に直行した。(ノースカロライナ州シャーロット/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。