ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

「パーを取れないんじゃないか…」松山英樹は3連続ボギーで出遅れ

2019/04/12 09:49


◇メジャー第1戦◇マスターズ 初日(11日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd(パー72)

スコアを落とし続けるまさかのスタートに、松山英樹の自信は揺らいでいった。6年連続8回目のオーガスタでの戦いは、出だし3連続ボギーが響き「75」と出遅れ。トップとは9打差の3オーバー63位タイで、目標のメジャー制覇にいきなり黄信号がともった。

グリーンのシャツに身を包んだ松山は1番、2番(パー5)で1Wショットを右サイドのバンカーに突っ込み、連続ボギーをたたいた。350ydと短いパー4である3番、またも1Wで右に曲げて今度は林へ。「1番、2番はさほど大きなミスではない。3番で大きなミスがあった。うまく調整できなかった」。脱出に2打を要し、3連続ボギーで出端をくじかれた。

4番(パー3)、第1打をグリーン右手前のバンカーに入れた。「(もう)パーを取れないんじゃないか…」。そんな不安すらよぎった。下りの1m強のパーパットを何とか沈め、流れを切った。続く5番は今年、40yd距離が伸びた難関パー4。312ydのビッグドライブから6Iでピンそば50㎝につける驚異の一打でバーディを奪い返したが、「良いプレーができたら…と思っていたが、ずっと停滞したままでした」と浮上のきっかけをつかめなかった。

パー3を除く14ホールのうち、オーガスタの広いフェアウェイをとらえたのは5ホールだけ。「スイングが悪いんじゃないかと思う」。フェアウェイキープ率35.71%は、過去7大会26ラウンドの平均68.95%を大きく下回った。

ドローボールが必要な10番でも1Wショットがターゲットより右に流れた。左足下がりからの2打目がグリーン右のバンカーにこぼれ、大きく落胆した。右サイドのピンの日は、絶対に入れてはいけないエリア。強烈に下る傾斜を警戒し、3打目はバンカーから出せず、グリーンの向こう側に転がり落ちた4打目も、もはや仕方がなかった。痛恨のダブルボギーから、続く11番をボギーとし5オーバーまで落とした。

「パープレーくらいまで頑張って戻そうと思ったんですけど、それをする力もなかったです」。その後、13番と15番(いずれもパー5)でバーディを獲り返したものの、終盤2ホールは必死にパーを拾う締めくくりになった。序盤の後退で挽回への意識は強くなったが、「だからと言って攻め方を無理やり変えるわけではなかった。自分のベストだと思う選択をしている。それがうまく行かない」と、技術面を悔やむ。「しっかりアンダーパーで回って、少しでもチャンスのある位置に持っていきたい」。うつむくのは、まだ早い。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!