ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

48歳の同級生対決を制す フューリックはマスターズ出場なるか

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 2日目(28日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

ベテランが“死の組”からオーガスタへの道を切り開こうとしている。1組4人が総当たりでぶつかるグループリーグで、ジム・フューリックが2連勝を飾った。ジェイソン・デイ(オーストラリア)とフィル・ミケルソンを破り、3日目の最終マッチでこちらも連勝中のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と決勝トーナメント進出をかけて戦う。

4人全員がメジャーチャンピオン。誰が勝ち抜いてもおかしくない最難関グループで、48歳が奮闘を続けた。初日にデイを2アップで破ったフューリックはこの日、同じ1970年生まれのビッグレフティと対戦。「フィルはショートゲームの調子が悪かった。良いパットが全然入らなかった」と30年来家族ぐるみでつきあってきた相手を擁護しながら、1アップで決着をつけた。

ツアー17勝の名手は2015年「RBCヘリテージ」が直近の優勝。ここ2シーズンはフルシードを失い、昨年は欧米対抗戦の「ライダーカップ」でキャプテンを務め、第一線を退いた感もあった。世界ランキングは昨年8月時点に314位まで落ち込んだが、今年に入って予選通過を続け、2週前の「ザ・プレーヤーズ選手権」では2位に入る活躍を見せてランク54位で今大会に臨んだ。

今大会を終えて50位以内を確保すれば、2週後の「マスターズ」への2年ぶりの出場が決まる。「マスターズに行くためにどうすればいいか、ということは考えないようにする。とにかくよいプレーをしなくちゃいけないことは分かっている。すごく難しいグループ。ただ、自分のやるべきこと、コントロールできることに集中する」。まずは、ランク39位との3マッチ目で明暗が分かれる。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。