ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

小平智は全英王者に感嘆 2日目もメジャー覇者と

2019/03/28 11:00


◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 初日(27日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

1組4人が総当たりでぶつかる予選グループステージが開幕し、小平智は世界ランキング7位のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)に5&4で敗れた。序盤から劣勢を強いられ、メジャーチャンピオンの技量を肌で感じた。

3連敗を喫した前年大会に続くマッチプレー戦は出だしから3連続で奪われ、出端をくじかれた。小平は「特に何も思わなかったです。自分のゴルフをするだけだったので」。モリナリは2連続バーディ発進とパットが安定した。

終始追った背中は、折り返し前後のホールで小さくなった。2ダウンで迎えた9番、「打ち出しのラインは完ぺきだった」という第1打が右サイドに下る傾斜でフェアウェイバンカーに入った。ボールの手前に砂が盛り上がったライからの2打目を左サイドのペナルティーエリアに突っ込んだ。さらに10番ではティショットが左にある直径2mほどのバンカーにポトリ。得意のショットを生かせないまま、リードを広げられた。

2018年の「全英オープン」覇者とは、普段のストロークプレー戦を含めても初めての同組だった。2020年「東京オリンピック」などの会話を交わしながら、小平は「簡単そうにゴルフしますよね。目指すところはああいうところかなという感じ」と、力の差を推し量った。

この日の平均飛距離はモリナリの299.7ydに対し、小平は平均278.1ydだったが「ドライバーは確実に(モリナリの方が)飛びますけど、(同じ残り距離で持つ)アイアンの番手はほぼ一緒だった」という。「ああいうゴルフでもメジャーを優勝できるんだなと…」。パワーゲームが主流の昨今だからこそ、目の前の相手のすごみもよく理解できた。

2日目は2012年に「全米オープン」を制した世界ランキング22位のウェブ・シンプソンとぶつかる。あすもメジャー王者が相手だ。(テキサス州オースティン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!