ニュース

米国男子ジェネシスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ジェネシスオープン
期間:02/14〜02/17 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

1日30ホール ウッズは暫定55位「ひどいパットばかり」

◇米国男子◇ジェネシスオープン 2日目(15日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

3週ぶりのツアー出場となったタイガー・ウッズは、悪天候でスタートを持ち越していた第1ラウンドから開始し、第2ラウンドの後半3番(12ホール)まで終えた。通算1アンダー暫定55位タイで、翌16日(土)午前7時の再開を待つ。

1日遅れの第1ラウンドは5バーディを奪った反面、すべて3パットにより4つのボギーをたたいた。「ショットは良かったけれどパットがひどい。3パット4回なんて、バカバカしい」。残り125ydから3mのチャンスを作った8番から4連続バーディとしたが、「どういうわけか分からないけれど、きょうはパットを気持ちよく打てない。ラインも見えないから、悪いパットだらけになってしまった」と嘆いた。

リビエラCCのグリーンはポアナ芝を採用。不規則な転がりを生むことがある。連日の雨で仕上がりは軟らかく、荒れやすい状況ではあるが、ウッズは「いや、自分のせいだ。構えがしっくりこないんだ。早く修正しないと」と原因を自身に求めた。

首をひねりながら入った続く第2ラウンドでは、開始3ホールで2バーディと幸先の良い滑り出しだったが、ティショットが乱れた前半16番(パー3)、18番でボギーをたたいた。同組のジャスティン・トーマスが快調にスコアを伸ばし、暫定トップの座を射止める。一方、ウッズは折り返し直後の1番(パー5)で12mを沈めてイーグルを決めた直後、2番から2連続ボギー。流れは好転しなかった。

日没が近づくにつれ、コースは気温10℃前後の厳しい寒さにも包まれ、午後5時26分にサスペンデッド。「雨は激しくはなかったけれど、十分気になるくらいの霧雨だった。気温は下がるし、風も吹いたりやんだり…」と長い時間、レインウエアのパンツを履いてプレーした。「我慢強くいかないと。スコアを伸ばさないといけない。JT(トーマス)は伸ばしたけれど、僕はできなかった」。週末に巻き返せるか。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ジェネシスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!