ニュース

米国男子デルテクノロジーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

“生き残り”へ目安は15位 小平智「ひとつでも上に」

2018/08/31 08:00


◇米国男子◇デルテクノロジーズ選手権 事前情報(30日)◇TPCボストン(マサチューセッツ州)◇7342yd(パー71)

小平智はフェデックスカップポイントランク85位でプレーオフ第2戦を迎えた。次戦「BMW選手権」(ペンシルベニア州アロニミンクGC)は、今大会終了後の同ランク70位以内に出場権が付与される。シーズンの“生き残り”をかけて、上位進出が求められる。

プロアマ戦に出場できなかった開幕前日は、練習場で汗を流した。最高気温36℃の中、早朝から昼前にかけて打ち込みを中心に最終調整した。前2試合連続で予選落ちを喫しながら「調子は先週から決して悪くない。良い流れで打てるようになっているし、アイアンも本当に良くなっている」と前向きな言葉を並べた。

初出場になる大会のコース・TPCボストンは29日(水)までに18ホールのチェックを済ませた。「比較的、自分に向いているレイアウトだと思う」という。前年実績で難度の高かったイン3ホール(11、12、14番)なども待つが、「カギになりそうなホールは多くないけど、ハザードなどは気にしないといけない。全体的に横幅は狭くないし、ラフもそれほど長くない。(ティショットの)ポイントを絞ってしっかり狙っていけたら」と攻略法を思い描いた。

PGAツアーの試算では、第3戦に出場するために必要となるフェデックスカップポイントは、計818pt前後と想定されている。現在600ptの小平は今大会で15位以内に入るとこの条件をクリアする。ただこれは、今季出場した17試合の中で優勝した4月の「RBCヘリテージ」に続く好成績になる。

開幕前に予選突破を第一目標に掲げてきた、今季これまでの多くの試合とは状況が異なる。「やっぱり次に進みたい。ここで良い成績を残したい」。スタッツのほとんどで下位に沈みながら125ydから150ydのショット精度(カップまで残した平均距離)はツアー全体の2位につける。総飛距離の短いパー71で、自身の武器が生きる可能性はある。「今回は上にいくしかない。ひとつでも上に」と腹をくくった。(マサチューセッツ州ノートン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 デルテクノロジーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。