ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ジャロッド・ライルが死去 白血病で36歳

白血病を患っていたオーストラリア出身のPGAツアー選手ジャロッド・ライルが8日、死去した。36歳だった。ブリ夫人が9日、「昨夜8時20分、家族と親しい友人に看取られて穏やかに亡くなりました」とのコメントを出した。

ライルは17歳で発症した急性骨髄白血病を克服し、2004年にプロ転向した。オーストラリアから米国に渡り、08年には下部ウェブドットコムツアーで2勝を挙げた。12年に再発したが、2年後にツアーの舞台にカムバックした。

昨夏にまた再発し、3度目の闘病生活に入った。ブリ夫人は前週、治療の施しようがない状態で終末期医療に切り替えたことを明らかにしていた。「WGCブリヂストン招待」では、出場選手とキャディがキャップやウェアにライルのトレードカラーだった黄色いリボンをつけ祈りを込めていた。

訃報を受け、ジェイソン・デイロリー・マキロイ(北アイルランド)、パトリック・リードフランチェスコ・モリナリ(イタリア)ら多くの選手がツイッターで追悼の意を表している。

関連リンク

2018年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~