ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

1番で1オンイーグル 散髪したてのスピースが連覇へ

◇メジャー第3戦◇全英オープン 最終日(21日)◇カーヌスティ(スコットランド)◇7402yd(パー71)

初開催から158年の歴史を持つ全英で複数回優勝を遂げたのは27人。そのうち連覇を達成したのは16人だ。直近では、ここカーヌスティでの2007年大会から2連勝したパドレイグ・ハリントン(アイルランド)。それからちょうど10年後の今年。ジョーダン・スピースが最終日を前に首位に並び、歴史に名を刻むチャンスを手に入れた。

初日は「72」で50位、2日目に「67」で11位に浮上した。そしてこの3日目は「65」で通算9アンダーとし、ついに首位をとらえた。

ムービングデーの幕開けは派手だった。出だし1番、396ydのパー4で1Wを振り切るとフォローの風に乗せて1オンに成功した。3mのイーグルパットを沈めて、いきなりの大歓声。スタート前の練習場で、キャディに「1番は1Wで行こうか」と提案したが、「ダメだ。きょうはピンが手前だから、刻んでもみんな2打目をウェッジで打っている」と却下された。それでも手に残っていた調子の良さから、ティグラウンドに向かうまでに決断した。

「ティショットでグリーンをとらえたのはラッキーだった。パットもカップのふちを回って入ったしね。夢みたいな滑り出しだよ」。その後もスコアを落とすことなく4つのバーディを決めた。

ところで、ディフェンディングチャンピオンはこの日の朝、コース近隣の理髪店に飛び込み、散髪をした。「ちょっと長くなっていたからね」とスッキリ。店員にプロゴルファーだと気づかれた様子もなかったという。料金について問われると、「20ポンドだったと思う。…たぶん、9ポンドで足りたと思うけど、チップを入れたんだよ。ちょっと切りすぎた」とコメントし、笑いを取った。

大きな仕事に挑む最終日は、天候次第で状況が大きく変わると予想。「自分のできることをやるだけ」とリラックスムードを崩さなかった。(スコットランド・カーヌスティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。