ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

思い出のカーヌスティ マキロイは4打差からメジャー5勝目へ

◇メジャー第3戦◇全英オープン 3日目(21日)◇カーヌスティ(スコットランド)◇7402yd(パー71)

カーヌスティで前回の「全英オープン」が開催された2007年、当時18歳だったロリー・マキロイ(北アイルランド)は大器の片りんを見せていた。初日に「68」をマークした勢いのまま、通算5オーバーで4日間を戦い抜き、ローアマチュアに輝いた。直後にプロ転向し、当地を含めた3コースでプレーする同年10月の欧州ツアー「アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権」では3位に入った。

「ここで全英に出たあの時は、ただただ幸せだった。フェアウェイをぴょんぴょん歩いて、スコアが『82』になろうが、『62』であろうが気にしなかった」。あれから11年が経ち、すでにメジャー4勝。全英は2014年にロイヤルリバプール大会を制した。世界ランキング1位の座にも到達し、結婚して家族もできた。

ここ4年間でメジャー優勝がなく、29歳になって帰ってきたカーヌスティで、マキロイは当時のようなアグレッシブな姿勢を重視している。「バンカーに入れない限りは、フェアウェイからでなくともプレーできる」。リスク覚悟で得意のロングドライブを生かしてアドバンテージを取ろうとする。

3日間のフェアウェイキープ率は46.7%で全体112位。それでも予選2日間で「69」を並べ、この日は5バーディ、4ボギーとスコアを動かして「70」でまとめた。上がり3ホールで2ボギーをたたいたことを残念がったが、トップとは4打差の5アンダー6位にいる。

「あしたは早い仕掛けが必要だ。きょうの締めくくりは残念なものになったけれど、まだ優勝争いから脱落はしていない。まだ僅差にいる。あしたの風はちょっと強くなるみたい。おもしろいことになるよ」

全英は来年、マキロイの郷里・北アイルランドのロイヤルポートラッシュで行われる。クラレットジャグを一足先に故郷に届けられれば最高だ。(スコットランド・カーヌスティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。