ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

「早打ちマック」グリーン氏が71歳で死去 2007年に世界殿堂入り

「早打ちマック」の異名で知られた米ツアー19勝のヒューバート・グリーン氏が19日、咽頭癌(いんとうがん)からの合併症のため死去した。享年71歳。米メディアが報じた。

1946年にアラバマ州で生まれたグリーン氏は69年にプロ転向。速いテンポで打つ独特のスイングが人気で、77年にはラウンド中に殺害予告を受けたものの、メジャー「全米オープン」を制した。国内男子ツアーでも75年の「ダンロップフェニックス」、85年の「カシオワールドオープン」で優勝した。

2003年春にがんが見つかり、放射線治療などを行っていた。07年にはこれまでの功績を称えられ、世界ゴルフ殿堂入りを果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。