ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 RBCヘリテージ
期間:04/12〜04/15 ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

実感はまだ…米ツアー初優勝の小平智 2020年までの出場権獲得

2018/04/16 06:31


◇米国男子◇RBCヘリテージ 最終日(15日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71)

「いままでの優勝で一番、頭が真っ白です」と、小平智はうれしそうに戸惑った。最終日に6打差を追ってスタートし、7バーディ、2ボギーの5アンダー「66」で回り、通算12アンダーでホールアウト。首位に立っていたキム・シウー(韓国)が15番、17番でボギーをたたいてプレーオフに突入すると、3ホール目でバーディを奪い、米ツアー初優勝をつかみとった。

小平がティオフしたのは、最終組の50分前。午後からサンダーストームの予報が出ており、最終日はスタート時間は早められ、3サム2ウェイとなっていた。遅い組ほど、強くなった風の影響を受けてスコアは停滞した。

正規の18番で2m弱のバーディチャンスをものにできなかったキムは「短いパットを外して流れが悪かった」と振り返った。

18番、18番、17番(パー3)と続いたプレーオフ3ホール目。小平は正規の17番でボギーとしていた。「(18番の)2回のパーでリズムが取れたし、リベンジのつもりだった。くじで(打順が)2番目になって、先にキムが打ってくれたのも助かった」と、キムが7Iで打ったのを見て、8Iを握って左手前7.5mへ。「最後のパットは18番より緊張しなかった。思ったところに打つことだけを考えていて、それが入ってくれた」と、渾身のガッツポーズで勝利を決めた。

優勝を決めた17番グリーンから、カートでクラブハウスへと戻る途上、大勢のギャラリーから「サトシ!おめでとう!!」と声を掛けられた。小平はそのたびに、帽子を取って笑顔を見せた。「異国に来て優勝して、言葉も通じないファンたちが応援してくれるのを見て、いままで味わったことのない感覚でうれしかった」と喜びをかみ締めた。

今季6戦目、米ツアー通算15試合でつかんだ初優勝。実感は「いまのところないですね」と笑った。だが、これで米ツアーは2019-20年シーズンまでの約2年半のシード権と、来年の「マスターズ」出場も確定。世界ランクも上昇し、今季残りのメジャー大会出場も濃厚になってきた。

一気に広がった世界。今後の予定は「ゆっくり考えたい」というものの、米ツアーでの活躍を夢見てきただけに、軸足はアメリカに置くことになりそうだ。

初代優勝者はアーノルド・パーマーで、今年で50回目を迎えた記念大会。小平は優勝者に与えられるタータンチェックのジャケットに袖を通すと「なかなか普段着る柄ではないので、これを機会に着るようにします」と、笑いを誘った。優勝トロフィーには「かなり重い」と目を丸くした。その本当の価値を知るのは、もう少し時間が経ってからかもしれない。(サウスカロライナ州ヒルトンヘッド/今岡涼太)

関連リンク

2018年 RBCヘリテージ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~