ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太はオーガスタまで連戦 予選落ちも「調子は悪くない」

2018/03/17 10:19


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 2日目(16日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ◇7419yd(パー72)

1オーバーの69位タイから出た池田勇太は「74」とスコアを落とし、通算3オーバーで2打届かず予選落ちした。前半インで1つスコアを伸ばしながら、後半アウトで3ボギー。同じく予選落ちした2011年以来の出場となった大会でのリベンジは果たせなかった。

フロントナインでは2つのピンチをしのいだ。前半14番(パー3)では、左のバンカーのフチに張りついたボールを2打目でピンそば1.5mに寄せてパーセーブ。18番では第1打を右の深いラフに入れた後、池越えを回避しフェアウェイに刻んで、残り54ydをグリーン奥からの下り傾斜も使ってピンそば3mにつけ、ボギーを免れた。

「パーパットを外したのが(悪い)流れになった」と悔やんだのが、折り返し直後の1番。バンカーを渡り歩き、1mのパットがカップに蹴られた。続く2番(パー3)は手前のバンカーから寄せきれずに2パットボギー。予選カットラインが遠のいた。

次週は世界選手権シリーズ「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」(テキサス州オースティンCC)に出場。翌週の「ヒューストンオープン」(テキサス州ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン)への参戦も決まり、4月の「マスターズ」まで連戦となる。

ハードスケジュールだが、池田は大一番を控えていても、試合を数多くこなしたいタイプ。「来週はマッチプレーだから、ストロークのゴルフとはまったく別になる」と語り、「ゴルフの調子としては悪くない。(18ホールの)スコアを作るというより、しっかり相手を見ながらやるのは、今の自分は向いているのかなと思います。本当に残念だけど、がっかりする感じではない」と必死に顔を上げた。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

関連リンク

2018年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~