ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

世界ランク50位以内に24年 ミケルソンの記録は続くか

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目(2日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

地元アリゾナ州立大学出身で、大会3勝(1996、05、13年)を誇るフィル・ミケルソンが、46位から出た2日目に7バーディ、1ボギーの「65」を出して、通算7アンダーの8位へと浮上した。13番からの6ホールで、上がり4連続を含む5バーディを奪う圧巻のフィニッシュだった。

15番(パー5)は2オンに成功してイーグル逃しのバーディ。周囲をぐるりとギャラリースタンドが囲んだ16番(パー3)では3mを決めて喝采を浴びると、続く17番もバーディ。最終18番で8mのバーディパットをカップに流し込むと、大歓声はクラブハウスの地下にあるメディアセンターまで響き渡った。

「多くの観客がいる後半の方が良いプレーができるのは間違いない。なぜなら、彼らのエネルギーを感じて、より集中することができるから」とミケルソン。同じアリゾナ州立大学出身のジョン・ラーム(スペイン)、そして昨季の新人王ザンダー・シャウフェレらとともに、通算7アンダーで上位に並んだ。

現在、ミケルソンの世界ランクは49位。今大会の結果によってはミケルソンが同50位圏外に落ちる可能性もある。ミケルソンが初めて世界ランク50位以内に入ったのは、日本ツアーの「ダンロップフェニックス」、「カシオワールドオープン」と2連続トップ10に入った直後の93年11月28日のこと。それから現在まで、24年以上も同50位以内を保っている。

「それはクールなことだけど、あまりそれについては考えていない。もう少しやらないといけないことがある」とミケルソン。「調子はいいけど、良いスコアを出せていない。ここはツアーでも大好きな場所だから、かみ合うといい」と開幕前に話していた47歳が、週末も大観衆のボルテージをアップさせる。(アリゾナ州スコッツデール/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。