ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/04〜01/07 プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

大みそかにハワイ入り 松山英樹は好相性のカパルアで新年初戦

2018/01/03 17:41


◇米国男子◇セントリートーナメントofチャンピオンズ 事前(2日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7452yd(パー73)

前年のツアー優勝者に出場選手が絞られるチャンピオン大会。2年連続出場の松山英樹は12月31日にハワイ入りし、開幕2日前の2日に当地で練習ラウンドを実施した。好相性の舞台で行われる2018年初戦に向け、精力的な調整を続けている。

12月のツアー外競技「ヒーローワールドチャレンジ」以来1カ月ぶりの競技を前に、正午過ぎに会場入りした松山は、練習グリーン、ドライビングレンジで汗を流して1番ティに立った。激しいアップダウンに加えて、ホール間の移動距離が長い同コースでは、カートを使用して練習ラウンドを行う。約4時間をかけて18ホールを念入りにチェックした。

この日の組み合わせ発表で、リッキー・ファウラーと初日に2サムで回ることが決まった。過去2度の出場で松山はいずれも優勝争いを演じている。2015年は1打差の3位。昨年は優勝したジャスティン・トーマスと最終日最終組で争い、3打差の2位に終わった。勝負どころで涙を飲んできたが、計8ラウンドで一度もオーバーパーはなく、平均ストロークは「68.125」。パー73の設定の中、単純計算で1日5アンダー近くスコアを伸ばしてきた。ツアー公式ホームページのパワーランキング(優勝予想)では5位に入った。

一方で、グリーンのコンディションが厄介な存在になるかもしれない。逆目のラインではパットを強気に放っても「重い」とショートする場面があった。午後6時に終えた練習ラウンド後は、陽の傾きかけたパット練習場に戻り黙々とボールを転がした。

住友ゴム工業関係者によれば、プロ転向後から同社が吸収合併したダンロップスポーツと用具使用契約を結んできた松山は、昨年末に新たに契約延長に至ったばかり。あすのプロアマ戦で最終調整を行う。(ハワイ州カパルア/林洋平)

関連リンク

2018年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~