ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:10/26〜10/29 シェシャンインターナショナルGC(中国)

安定感はどこへ? 松山英樹は下位から抜け出せず

2017/10/27 18:39


◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 2日目(27日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)◇

フェアウェイキープ率は50%に低迷し、グリーン上では3度の3パットに顔をしかめた。ディフェンディングチャンピオンの松山英樹は、2日目も3バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「74」とスコアを落とし、通算4オーバーの66位と下位に沈んだ。

序盤2番(パー5)は、3打目を1.5mに寄せながら、決めきれずにパーとした。7番はショートアイアンの第2打を、外してはいけないグリーン左奧へと落としてボギーを叩き、8番(パー5)は、2オンに成功しながらファーストパットを大きくショートさせて3パットのパー止まり。「どこも目指すところがなくなってしまうくらい悪い」と、ティショット、アイアン、パットともに精彩を欠き、険しい表情で一点を凝視した。

同組で回った世界ランク1位のダスティン・ジョンソンは、この日9アンダー「63」というビッグスコアを叩きだして通算13アンダーの首位に立った。2人の差は17打。18番グリーン脇の松山は、通算2オーバーとしたジョン・ラーム(スペイン)とともに、悪夢を振り払うように笑いあった。

「これだけ悪いと、スコアどうこうより自分のよいものを求めてやっている。でも、なかなかそれもないし結果にもつながらない。週末になにか、スコアでもいいし、いいものが見つかるようにしたい」と“きっかけ探し”は続いている。予選落ちのない4日間。週末の戦いも無駄にはしない。(中国・上海/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。