ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】松山英樹&谷原秀人組は好スタートの「69」

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 初日(27日)◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7425yd(パー72)

米ツアーでは36年ぶりとなるチーム戦による大会。初日と3日目はフォアサム(1つのボールを交互に打つ)、2日目と最終日はフォアボール(各選手が自分のボールを打ち、各ホールでいい方のスコアを採用する)で行い、計72ホールのストロークを競う。松山英樹谷原秀人ペアは、初日を3アンダーでプレーし、ホールアウト時点で4位につけている。

<< 下に続く >>

10番からスタートした松山と谷原ペアは、13番でボギー先行。しかし、14番(パー3)で、谷原が打ったティショットがピン手前23ydのフェアウェイに行くも、松山がチップインバーディを決めて取り返す。続く15番をボギーとするが、16番セカンドで松山がピンそば1mにつけ、谷原が決めてバーディ。18番(パー5)は、谷原がティショットをフェアウェイに運び、松山が2打目をピンまで111yd地点に刻む。谷原が3打目を2mにつけて、松山が決めてバーディ。前半を1アンダーで折り返した。

後半アウトの1番は、松山が317ヤードドライブを見せ、谷原がベタピンにつけてバーディを奪取。5番もバーディで「69」でホールアウトした。

注目の世界ランク3位のジェイソン・デイ(オーストラリア)と同9位のリッキー・ファウラーのペアは「71」でホールアウト。「リオデジャネイロ五輪」金メダルのジャスティン・ローズ(イングランド)と銀メダルのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)のペアは「72」で初日を終えた。

松山と谷原ペアのホールアウト時点で、15ホールを終えたカイル・スタンリーライアン・ラフェルズ(オーストラリア)ペアが6アンダーで首位に立っている。世界ランク5位のジョーダン・スピースは、ライアン・パーマーと組んで、日本時間の3時13分に1番からスタートした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 チューリッヒクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!