ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 RBCヘリテージ
期間:04/13〜04/16 場所:ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

乗り越えた1打の壁 池田勇太が2017年初の予選通過

2017/04/15 08:50


◇米国男子◇RBCヘリテージ 2日目(14日)◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7099yd(パー71)

1アンダーの53位タイでスタートした池田勇太は3バーディ、3ボギーの「71」とスコアを伸ばせなかったものの、63位タイで予選を通過した。2017年の自身6試合目にして初の決勝ラウンド進出となった。

<< 下に続く >>

カットライン上での戦いを強いられた第2ラウンドで、池田は執念を見せた。予選通過ギリギリ圏内、1アンダーで迎えた後半4番パー3。ティショットをグリーン右ラフのピンに近いサイドに外すと、2打目はウェッジで、盛り上がったフェアウェイにクッションを入れ、グリーンを伝わせてカップに収めた。「山の手前にワンバウンド、山の頂上くらいにワンバウンド…。ツーバウンドとも完ぺきだったんで、入ると思った」という土俵際でのチップインバーディ。両手を握りしめて渾身のガッツポーズを見せた。

5番(パー5)をボギーとして再び後退したが、終盤8番で魅せた。右ラフからの第2打は前方を背の高い木が遮る残り188yd。6Iでかち上げ、グリーン右のカラーまで運ぶスーパーショット。「木の上を行って(池のある)左には行きたくなかった。あえて大きい方の6番を持ちました。7番だと、高さは余裕(木は越える)なんですけど、左に巻く可能性があるので」と、技術と判断力がぴったり重なった。

「きょうは体の状態が思わしくなかった。痛みがあるわけではないが、絶好調のコンディションには持っていけなかった。きょうは耐える日だとスタートから思っていた」という。カットライン上での予選通過には満足できないが、安堵はある。「ずっと1打に泣いていたので」―――

今季は前週の「マスターズ」を含め、予選落ちした3試合はすべて1打届かなかった。全選手が4日間プレーする「WGCメキシコ選手権」は61位で、世界ランキングポイント獲得に1打足りなかった。ショットの状態を徐々に上げてきただけに、今週は必ず結果を残したかった。

「初日のようなコンディションに戻して、あしたこそはいいスコアで回りたい」。待望の週末に気持ちは高ぶるばかりだ。(サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 RBCヘリテージ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!