ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

“ビーフ”→“トーフ”!? ジョンストンに動物愛護団体が抗議

世界ゴルフ選手権シリーズの「HSBCチャンピオンズ」(27日開幕、中国・上海)に出場する注目選手アンドリュー・ジョンストン(イングランド)が、その愛称をめぐって、動物愛護団体から抗議を受けていたことがわかった。ジョンストンは、牛肉を意味する「ビーフ」が愛称で、欧州のみならず今季から本格参戦する米国でも人気がブレークしている。

ジョンストンに抗議している団体は、米バージニア州に本拠を置く「動物の倫理的扱いを求める人々の会」(PETA)で、食肉や衣類への毛皮・羊毛利用、動物実験などに反対し、さまざまなキャンペーンを展開している。

今年4月の欧州ツアー「スペインオープン」で初優勝した27歳のジョンストンは、7月のメジャー「全英オープン」で8位に入るなど一躍知名度アップ。すると、8月に「アンドリュー・“ビーフ”・ジョンストンからアンドリュー・“トーフ(豆腐)”・ジョンストンに名前を変えてほしい」としたためられた抗議文を、豆腐ステーキと豆腐ソーセージとともに同団体から送りつけられたという。

ジョンストンはひげを蓄えた独特の風貌や穏やかな性格もあって、米国の大手ファストフード店がスポンサードに乗り出すなど、テレビ番組に引っ張りだことなった英国のみならず人気が加速。9月の入れ替え戦を無事に突破したことで、今季から米ツアーに本格参戦する。

なお、抗議したPETAは数々の過激な行動でも知られるが、ジョンストンには「動物性の食事をやめることで心臓病のリスクを軽減、そうすれば寿命が平均6年から10年延びる」とアドバイスしているのだという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。