ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2000万円突破か? 国内女子の賞金シードが史上最高額ペース

前週の「マスターズGCレディース」を終えて、2016年の国内女子ツアーは残り4戦(最終戦の『LPGAツアー選手権リコーカップ』除く)となった。賞金レースは、昨季女王のイ・ボミが今季4勝で年間獲得額を1億5037万8331円としてリードする展開。女王争いと同様に史上最高額ペースで大激戦となっているのが、賞金ランク50位までに与えられる来季シード争いだ。

今週の「樋口久子 三菱電機レディス」を前に、賞金50位につけている服部真夕の獲得賞金は1813万4399円。これまで最も賞金を獲得した賞金50位は、2013年の櫻井有希で1893万9000円だが、4試合を残して肉薄してきた。昨季の賞金50位は柏原明日架で1791万6000円(表を参照)。今季はすでに賞金51位の藤本麻子もその獲得賞金を超えるハイレベルな戦い。

シード争いは来年の“生活”を大きく左右する戦いでもあり、下位の選手が終盤に追い込んでくることも珍しくない。残り4戦の賞金総額を加味すると今季は初めてボーダーラインが2000万円を突破する可能性もでてきた。

今季ツアーは2015年シーズンと比べて1試合増の全38試合で開幕。賞金総額も1億4650万5000円増えて、4年連続で過去最高を更新し35億2000万円となり、初の35億円を突破したシーズンだった。実際には、熊本地震で1試合開催中止となった状況はあるが、賞金シード争いの底上げは、右肩上がりを続けている女子ツアー人気ゆえといえそうだ。

過去には、賞金シードが上位50人と定められた1992年以降で初めて1000万円を割りこんだ冬の時代(2003、04年)もあった。2003年は不動裕理が一人で、今も破られていないツアー年間最多の年間10勝(最終戦の『LPGAツアー選手権リコーカップ』含む)を挙げたシーズン。翌04年に宮里藍らが大活躍したことで女子ゴルフブームが起こり、05年以降のV字回復につながったとみられる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。