ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 場所:バルタスロールGC(ニュージャージー州)

鬼の目にも涙?キム・キョンテが“頭に来た”こと

最後に日本ツアーに出場したのは、6月初旬の「日本ツアー選手権森ビル杯」。今季国内ツアーで3勝を挙げているキム・キョンテ(韓国)は、今週ニュージャージー州で行われる海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」で、5戦目となった海外挑戦にひと区切りをつける。

来季の米ツアー参戦を目指すキョンテは、現在までにフェデックスカップポイントを134点稼ぎ、昨年実績の200位(103点)を上回った。これにより、ウェブドットコムファイナルシリーズ(入れ替え戦)への出場をほぼ確実にした。

<< 下に続く >>

「パターが全然だめで、もったいなかった」と、4戦中2戦で予選落ちに終わったことを悔やんだが、「でも、ウェブドットは多分大丈夫」と最低限の仕事を終えた安堵はある。「最初からそれを考えていた」と、一気に来季のシード権をつかめるフェデックスカップ125位以内は、現実的には狙っていないという。

2週間前のリオデジャネイロ五輪の出場辞退表明後、韓国国内での反応は「思ったより大丈夫だった」とキムはいう。「(ヘッドコーチの)K.J(チョイ)さんも、KGA(韓国ゴルフ協会)も、家族のことを言うと分かってくれた」。

だが1つ。温厚なキムを怒らせたことがあった。

「アメリカのステーシー・ルイスが『男子は賞金がないから五輪に出ない』って言ったことは本当に頭に来た。僕は韓国代表を4年やってその気持ちは分かっているし、本当に出たかった。結婚していなかったら出ていたし、子供がいなくても出ていたとも思う」とキムはいう。日韓で“鬼”と恐れられるショットメーカーは、人知れず、ステレオタイプな批判に心を痛めた1人でもあった。(ニュージャージー州スプリングフィールド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!