ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

池田勇太はパット不調、市原弘大は11番で大叩き ともに「78」で後退

日本勢2人が決勝ラウンドに進出したスコットランドのロイヤルトゥルーンGCで開催中の「全英オープン」3日目。27位から出た池田勇太は1バーディ、4ボギー2ダブルボギーの「78」と崩し、通算7オーバーの65位に後退。67位スタートの市原弘大も「78」とし、通算11オーバーの80位に順位を下げた。

「きょうはショートパットだけでした」。秒速8m前後の風がフィールドの停滞を招く中、池田はパットに苦しみスコアを崩した。前半5番(パー3)では、3mのパーパットから返しの80センチを外してダブルボギー。9番でも1m強のパーパットがカップを逸れた。15番も80センチのパーパットがカップの右を蹴ってボギーとした。「パットが入れば波に乗れるけど、ずっと外し続けていたので波が来なかった」。取材に応じた後は足早に練習グリーンに移動し、最終日に向けて調整を続けた。

一方の市原は、右サイドに線路が走る名物ホールの1つ、前回の2004年大会で難度1位を記録した11番(482ydパー4)の大叩きが響いた。1打目を右のブッシュに打ち込み、1罰打を加えてドロップした3打目を右の線路に打ち込んでOB。5打目をグリーン左のガードバンカーに入れて、2パットの「8打」とした。

なお、当地開催の「全英」で11番の最多ストロークは「9打」とされ、今年はデビッド・デュバルルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)らが記録している。(スコットランド・トゥルーン/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。