ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 オークモントCC(ペンシルベニア州)

谷原、池田、宮里はホールアウト間際に順延決定

今季のメジャー第2戦「全米オープン」が16日(木)、ペンシルベニア州のオークモントCCで開幕。第1ラウンドは雷雨で2度の中断を経た後、午後3時51分に3度目の中断に入り、そのまま翌日への順延が決まった。午前中にスタートした谷原秀人は16ホールを終えて1オーバー暫定16位タイ、宮里優作は15ホールまでで2オーバー24位タイ、池田勇太は17ホール終了で3オーバー27位タイ。いずれも粘りのプレーで出遅れを免れた。

谷原は序盤から得意のパットで忍耐強くラウンド。インから出ると2ホール目の11番で2打目をバンカーに入れながら、5mのパーパットを沈めた。バンカーに第1打を入れた14番、2打目を入れた15番でもパーセーブ。17番ではあごの高い左奥のバンカーからピンそば1mにつけてパーを拾った。

後半3番で唯一のボギーを叩いたが、開幕前日にバッグに入れた、普段10度のバンス角を5度にしたSW(58度)もショートゲームの充実を呼んだ。

アウトから出た宮里は2番で2mのバーディチャンスを逃し、前半に3ボギーを叩く苦しい展開となったが、500ydとコース最長のパー4、後半15番でスーパープレーを見せた。残り250ydの2打目をフェアウェイウッドでピン手前5mにつけ、バーディを奪い返した。

池田も後半に盛り返し。出だし10番からボギー発進とし、後半アウトの2番までに4オーバーと低迷したが、3番でバーディを決めた。左サイドにあるオークモント名物のチャーチ・ピューズ(教会の椅子)のバンカー地帯から、残り131ydをピンそば4mにつけてチャンスを生かした。(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。