ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

【速報】松山英樹が10アンダーで暫定2位 急浮上で優勝争いへ

2016/05/15 06:17

米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」3日目、首位と10打差の36位から出た松山英樹が2度の3連続を含む7バーディ、2ボギー「67」でプレーし、通算10アンダーまで伸ばした。ホールアウト時点では2位に浮上。11番まで終えた1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)とは3打差に迫った。

ムービングデーに松山が絶好のスタートを切った。出だし1番パー4で119ydからの2打目をピン右1.5mにつけバーディ。続く2番では下りの3.6mをジャストタッチで沈めた。177ydの3番でティショットを1.5mにつけ3連続バーディとした。

4番でボギーが出たが、5番パー4では150ydからの2打目を1.2mにつけバーディを返した。前半にもう一つボギーを叩いたが「34」で折り返した。

後半に入っても勢いは止まらない。10番で5.7mを沈めた。11番では3mのフックラインを読み切った。12番で93ydをピン奥2mにつけ、この日2度目の3連続で一気に上位をとらえた。

終盤は風や硬くなったグリーンでチャンスが減った。16番では1.6mのパットを決めるなど、パーを並べた。

関連リンク

2016年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~