ニュース

米国男子キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

悪い予感は的中…岩田寛は1打に泣く「上がり3ホールが中途半端に」

2016/01/24 10:02


カリフォルニア州にあるPGAウェストで行われた米国男子ツアー「キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション」3日目、岩田寛はニクラストーナメントコースをノーボギーの5アンダー「67」でラウンドした。通算8アンダーでホールアウトしたが、カットラインに1打及ばず71位。今季7戦で4度目の予選落ちとなった。

「ダメじゃないですかね」。アテストを終えた岩田は悲観的だった。ホールアウト時点では予選通過圏内の67位だったが、同スコアでラウンド中の選手が多くいた。今後、スコアが伸びるであろうことは、プレーした本人が誰よりも感じていた。「だって、簡単ですもん。今日」。

それでも、スタジアムコースの最終組を回ったパットン・キジールが最終ホールでバーディパットを決めるまでは、ギリギリ70位にとどまっていた。だが、通算9アンダーとしたキジールに押し出される形で岩田は71位となり、予感は悪い形で的中した。

スタート時点で岩田が想定していたカットラインは通算8アンダー。「回っている途中で9(アンダー)になるかなと思ったけど情報がなかった。上がり3ホールは攻めたらいいのか、ちょっと中途半端になってしまった…」。難度の高い、上がり3ホール(16番、17番、18番)で並べたパーも、今となってはうらめしい。

3日目になって、1Wこそ多少左右にぶれたものの、アイアンの切れは戻ってバーディチャンスを量産した。2m~5mのバーディパットも5つ確実にねじ込んだ。「パターは昨日よりマシになった。ティショットはあまり良くなかったけど…」。

試合で3ラウンドをこなしたが、復調への兆しは「難しいところ。また来週やってみないと(分からない)」と、手探りのまま。次週の出場機会を大事にしたい。(カリフォルニア州ラキンタ/今岡涼太)

関連リンク

2016年 キャリアビルダーチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~