ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼 大会初アンダーパーにも厳しい自己評価

2016/01/15 13:41


米国男子ツアー「ソニーオープンinハワイ」で2016年の初戦を迎えた石川遼は、初日を1イーグル、2バーディ、1ボギー「67」(パー70)でプレー。3度目の出場にして大会初のアンダーパーを記録し、首位と4打差の3アンダー32位で発進した。

舞台のワイアラエCCは、過去2度の出場でいずれも予選落ちしたコース。今週への課題に挙げていたコースマネジメントについては「精神的な部分で負けていなかったし、難しいホールでも狙ったところにチャレンジしていけた」と評価した一方、ショットに関しては「自分のスイングを信じ切れていない部分があった」と表情を曇らせた。

351ydの短い10番では、1Wでグリーン右ラフに運び、残り約15ydからチップインイーグルを奪う見せ場も作ったが、多くの日本人ギャラリーの歓声を浴びた1打にもアクションは控えめ。「ティショットは良かったけど、あれはラッキーでした」と冷静な言葉を返した。

その中で及第点を付けたのが「一番、良かったと思う」と話すパッティングだ。「リズムをつかめていた」というグリーン上では、今年から変更したルーティンを試みている。このオフを経て取り入れたのは、過去にも行ったことがある、アドレスに入る直前の素振りの省略。「自分は考えて打つよりも、イメージに乗せていくときの感覚の方がうまくいく感じだった」と、実戦の場でも感触は上々のようだ。

グリーン上で好材料を得ながらも、総合評価は厳しい。「もっと良くしていかないといけない気持ちの方が、強いは強いです」と、最後まで厳しい表情を崩さなかった。(ハワイ州ホノルル/塚田達也)

関連リンク

2016年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~