ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 フライズドットコムオープン
期間:10/15〜10/18 場所:シルバラードCC(ノースコース)(カリフォルニア州)

パッティングへの難しい評価 松山英樹は「69」に悔しさ

これほど悔しい「69」も、なかなかない。カリフォルニア州のシルバラードCCで開催中の米国男子ツアー「フライズドットコムオープン」3日目。4アンダーの29位タイから出た松山英樹は1イーグル3バーディ、2ボギーで回り、通算7アンダーの27位タイ。首位とは7打差と、背中は依然遠い。

最終18番(パー5)。グリーン左手前のバンカーからピンそば2mにつけて呼んだ歓声は、その後ため息に変わった。バーディパットはカップの右を抜け、松山は渋い表情。「3mから5mくらいのパットが、きょうは全然入っていない。入らなかったら伸ばせない」。3アンダーで回っても順位変動がほとんどない厳しいフィールド。悔しいムービングデーとなった。

パッティングの悩みは尽きず、自己評価は定まらない。救ってくれたのもパッティングだった。5番(パー5)で8m強の4打目を4mオーバーさせて3パットでボギーが先行。しかし9番(パー5)ではグリーン左のカラーからパターで13mを決めて2015-16年シーズン最初のイーグルを奪った。

11番(パー3)では上りの9mを打ち切れず1.5mショートさせて2度目の3パットボギー。それが終盤15番(パー3)、16番(パー5)では納得いかないショットの後に7mのパットを続けて沈め、2連続バーディを決めた。感触の良いものと悪いものが入り混じり「オーバーパーを打っていないのが、せめてもの救いかなと思います」と振り返った。

この日、ティが前方に設定された17番パー4では多くの選手が1オンを狙ったため、組が詰まり“渋滞”が起きた。松山は後ろの組のロリー・マキロイ(北アイルランド)と談笑するシーンも。「先週のプレジデンツカップはどうだった?」「すごく寒かった」。ツアーにも親しんだ3年目だが「試合で自信を失くしている。1回、2回(の成功)では、なかなか戻ってこない。練習をして試合でいいボールが続かないと自信は生まれない」と、自分との向き合い方は同じく厳しい。

「だいぶ差が開いてしまった。伸ばさないと。自分のベストを尽くせたらいいと思う」。長いシーズンのはじまり。結果よりも、早くつかみたい手応えもある。(カリフォルニア州ナパ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 フライズドットコムオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。