ニュース

米国男子ツアー選手権byコカ・コーラの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ツアー選手権byコカ・コーラ
期間:09/24〜09/27 イーストレイクGC(ジョージア州)

松山英樹、1人プレーは回避 最終戦「頑張るとしか言えない」

24日(木)からジョージア州にあるイーストレイクGCで開幕する米国男子ツアーのプレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権byコカ・コーラ」。今季の獲得賞金を歴代日本人最高となる356万2269ドル(約4.27億円)まで積み上げ、今シーズンのトップ10入り9度を誇る松山英樹が目指すもの。それは、もちろん頂点だけだ。

大会前日は、恒例のプロアマイベントに参加した。練習場で行われたこのイベントは、4グループに分かれたアマチュアたちが1人3球ずつ打ち、最後は松山も参加して、飛距離に応じたポイントが加算されるという仕組み。他の選手は朝食会を行ったり、パッティンググリーンで別ゲームを行ったりと、少人数のフィールドながら趣向を凝らしたイベントが催された。

一年を締めくくる大一番を前にした松山だが「狭い、長い、硬い、速い、ラフが難しい」と口から出てくるコースの印象は、否定的な言葉ばかり。「グリーン周りが難しい。それに、グリーンが硬くて難しいので、ティショットがフェアウェイにいかないと、今のショットじゃ余計つらくなる」と苦笑い。「気をつけるホールは全部です」と、冗談交じりに語った。

ジム・フューリックの欠場により、1人でラウンドするかプレイングマーカーをつけるか選べた松山だが、この日同組でプレイングマーカーとしてプレーする選手が決まった。元世界アマチュアランキング1位で、地元ジョージア工科大出身のオリバー・シュナイダージャンズ。今年、プロ転向したばかりの22歳だ。

「負けないように頑張らないと」と、おどけた松山。続けて大会の抱負を聞かれても、「頑張りますしか言えない」と返答は変わらなかった。世界の精鋭30人がそろい、フェデックスカップのボーナス1000万ドル(約12億円)が懸かった最終戦。このフィールドに立つこと自体の難しさを忘れてはならないだろう。

関連リンク

2015年 ツアー選手権byコカ・コーラ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~