ニュース

米国男子RBCカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 RBCカナディアンオープン
期間:07/23〜07/26 場所:グレンアビーGC(カナダ)

チャーター機でカナダ入り 全英組のデイらが貫録のスタート

米国男子ツアー「RBCカナディアンオープン」は23日(木)、カナダ・トロント近郊のグレンアビーGCで開幕した。連日の荒天の影響で今週月曜日まで持ち越された「全英オープン」を戦った選手は27人が出場。ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ジム・フューリックハンター・メイハンバッバ・ワトソンら実力者が初日4アンダーの17位タイと上々のスタートを切った。

米ツアーの1試合に組み込まれるカナダのナショナルオープンは例年、大会が手配するチャーター機がもはや“名物”になっている。イギリスでの「全英オープン」翌週とあって、強行スケジュールを余儀なくされる選手をサポート。今年はスコットランド・エジンバラからトロントまで約7時間の直行便が用意された。

全英でプレーオフ進出に1打届かず4位に終わったジェイソン・デイ(オーストラリア)も、もちろんこのサービスを利用。「時差ボケしないように、乗っている間はずっと起きているようにしたんだ。眠ってしまったら、朝方に起きられなくなると思ってね。でも5日間プレーした後だったから、大変だった…」

セントアンドリュースとの時差は5時間。6月の「全米オープン」では突発性のめまいで試合中に倒れるアクシデントがあり、体調面で心配されているデイ。全英までの期間に数々の精密検査を受け、今大会終了後に拠点のオハイオに戻り、再び検査を受ける予定だが、元気な様子でスコアを伸ばした。

雨、風、寒さと過酷な気象条件を強いられた全英に比べ、トロント周辺はカラリとした晴天に恵まれている。硬いフェアウェイにボールを落とせばランが出て俄然有利に、ラフに行けば不利になるフェアなセッティングも、実力者ぞろいの“全英組”をやる気にする。「どんどんアタックしていけるコース」とデイ。メイハンも「アイアンでどんどん攻めていけば報われるはず」と意欲を見せている。(カナダ・オークビル/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 RBCカナディアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。