ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

全英オープン
期間:07/16~07/19  場所: セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

5年ぶりの聖地開催「全英OP」 R&Aがコース変更点を発表

2015/05/30 14:35

「全英オープン」を主催するR&Aが会見を 「全英オープン」を主催するR&Aが会見を行い、コースの変更点などを発表した

海外男子メジャーの今季第3戦「全英オープン」は7月16日(木)から4日間にわたり、スコットランドにあるゴルフの聖地セントアンドリュース・オールドコースで開催される。主催するR&Aは30日(土)、上位4人に出場権が付与される国内男子ツアー「ミズノオープン」(5月28~31日、岡山県・JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部)の会場内で記者会見し、前回セントアンドリュースで全英オープンが行われた2010年からのコース変更点を説明した。

【主なコース変更点】
・2番(パー4)
グリーン右のガードバンカーがよりグリーンに近くなった。グリーンは、右にアンジュレーションが加えられた

・3番(パー4)
フェアウェイ右のクロスバンカーの位置が、ティグラウンドから270yd地点に移動された

・4番(パー4)
グリーン右のガードバンカーがよりグリーンに近くなった

・6番(パー4)
グリーンは、もともとフラットだった右サイドにアンジュレーションが加わった

・7番(パー4)
グリーンは右側にマウンドが作られ、新しいアンジュレーションが加わった

・9番(パー4)
グリーン右に新たなガードバンカーを追加。1打目でグリーン近くまで運べるティショットの難度が上がった

・11番(パー3)
グリーンは左サイドにあった強い傾斜がフラットになり、ガードバンカーを効かせた新たなピンロケーションが可能になった

・17番(パー4)
・グリーン左手前のロードバンカー(通称:トミーズバンカー)を少し広げ、周辺にスロープも加えたことで、よりボールがバンカーに入りやすいロケーションとなった

・15番(パー4)
グリーン右奥にアンジュレーションが加わった

ティグラウンドの位置は2010年から変更はないが、総ヤーデージは7305ydから7297ydに変更。また、17番の右サイドのみにあったギャラリースタンドがホールを囲むスタジアム型となり、1番、17番、18番の3ホールだけで1万席、全2万1000席が用意される。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~