ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

スピース 地元テキサスの大会で3戦連続2位

テキサス州のコロニアルCCで行われた米国男子ツアー「クラウンプラザインビテーショナル」最終日。6アンダーの10位タイから出たジョーダン・スピースは6バーディ、1ボギーの「65」をマークしたが、優勝したクリス・カークに1打及ばず、通算11アンダーの2位タイに終わった。

トップとの差、5ストロークを追ったマスターズ王者は6番までに2度の2連続バーディを決めて優勝争いに加わった。

4人が並ぶ首位タイに浮上した後の16番(パー3)で、アイアンの番手ミスから3パットボギーを叩いて後退。最終18番で5mのバーディパットを沈め、クラブハウスリーダーになってホールアウトしたが結局、後続組のカークが15番のバーディで抜け出した。

「第2ラウンドで後退(73)したけど、なんとか挽回しようとした。週末を8アンダーでプレーできたことには満足している。16番に戻りたい気分だけど、18番を終えてまだ勝つチャンスを残せたのは良かった」。

テキサス州ダラス出身で、今年の春には当地に新しい自宅も購入した。今週は自宅から通勤し、最大級の期待を背負ったが、同州で行われた3月の「バレロテキサスオープン」、「シェル ヒューストンオープン」はいずれも2位。そして今大会も再び惜敗した。

次週はシーズンにおけるテキサスシリーズ最終戦「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」。スピースはキャディバッグに、AT&Tのロゴが刻まれたホストプロとなる。コロニアルCCから、わずか45kmの距離にある会場のTPCフォーシーズンズリゾートは16歳の時からプレーしてきた。「今週のコースよりも、ずっと経験がある。状態は良くなっている。直近2試合で僕は予選落ちしていたわけだからね。来週は自信があるよ」。ストーリーは既に出来上がっている?(テキサス州フォートワース/桂川洋一)

関連リンク

2015年 クラウンプラザインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~