ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 マスターズ
期間:04/09〜04/12 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山は5位でも後悔 「勝てる」マスターズだった

ボールを見送る強い視線は、確信に満ちていた――。ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開催された今季のメジャー初戦「マスターズ」最終日。5アンダーの10位タイから出た松山英樹は1イーグル、4バーディ、ロリー・マキロイと並ぶこの日のベストスコア「66」をマークし、通算11アンダーの5位でフィニッシュした。

4度目の出場で、12位タイまでに付与される来年の大会の出場権を獲得。2013年「全英オープン」の6位を上回る5位は自身のメジャー最高順位となり、日本人史上初のメジャー制覇の夢に現実味を覚えさせた。

苦しんだ初日からの3日間。単独首位を走ったジョーダン・スピースとの差は前日までに11ストロークと開いていたが、松山は最後に貫録のプレーを見せた。

前半7番までに5ホールで1パットパーを拾う我慢の展開。8番(パー5)で最初のバーディを決めて勢いづいた。10番で左足下がりのライから残り207ydの第2打をピンそば60cmにつけ、続く難関11番で7mを沈めて連続バーディを決めた。

圧巻は13番(パー5)。右サイドの林、枯れた松の葉の上から放ったアイアンでの2打目は、木の間を抜けて美しいフェード軌道を描いた。「打ちやすいライだった。前に木はあったけど、思った通りに打てた」という一打でピン左6mにピタリ。イーグルパットは、両ひざを折った瞬間にカップに吸い込まれ、右手の拳を力強く振り下ろした。

最終18番、フェアウェイから打ち上げの2打目はピン奥3mについた。グリーンサイドに敷き詰めるように並んだ緑の椅子から、パトロンたちがひとり、またひとりと腰を上げる。バーディパットが沈んだのと同時に、万雷の拍手が降り注いだ。日本を飛び出した23歳が、世界トップクラスのマスターのひとりとして認められた瞬間だった。

片山晋呉が2009年に記録した歴代日本人史上、最高位の単独4位には及ばなかったが、4日間アンダーパーをマークしたのは日本勢初。通算11アンダーも日本人の最少スコアだ。だが、記録について松山は喜びを口にしなかった。「60台で回れたのはすごく嬉しい。そこは良かった。(昨年は)メジャーでトップ10になかなか入っていなかったので、そこは良かった」。

ただ、勝てなかった。それが口惜しい。例年よりもソフトなグリーンだった。「今年のセッティングだったら勝てる」と実感していた。

だからこそ「勝てないと後悔は残る。嬉しい気持ちもありますけど、やっぱり優勝を目指してきているので、悔しい気持ちがある」。上位フィニッシュにも、満ち足りた気分はしない。

今後は2週間のオフを取り、4月29日(水)開幕の「WGC キャデラックマッチプレー」(カリフォルニア州TPCハーディングパーク)で復帰する見通し。

「悔しさは今までより少ないが、まだまだできたという感覚もある。1年後、ここに戻ってくるが、その時に今年以上のものを出せるように、しっかり作っていきたいと思います」。4度目の出場で、キャリア最高の5位。輝かしい成績にも、ただただ、グリーンジャケットへの思いが強くなるだけだった。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

関連リンク

2015年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~