ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 バルスパー選手権
期間:03/12〜03/15 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

長尺パターと別れて2試合目 スコットの連続予選通過記録がストップ

米国男子ツアー「バルスパー選手権」の2日目。世界ランク4位のアダム・スコット(オーストラリア)が2バーディ、6ボギー「75」(パー71)を叩き、スタート時の59位から通算4オーバーの95位に後退。2012年5月「HP バイソンネルソン選手権」以来となる予選落ちを喫し、現在継続中のもので最も長かった連続予選通過記録が「45」でストップした。

予選カットラインが背後に迫る中で迎えた2日目は、グリーン上で苦しみ続けた。前半3番では1mのパーパットを外し、5番と10番はいずれも1.5m前後を外しての3パットボギー。最終18番も1.5mがカップを逸れ、この日のラウンドを象徴するかのようなボギーフィニッシュとなった。

ラウンド内容に対するショットの貢献度は全体144人中27位と上位につけながら、パットの貢献度は139位と大きく低迷。これらの数字からも、パットがいかに足かせになっていたかが分かる。

スコットは2011年から長尺パターを使用し、それまで陥っていたイップスを克服。以降は13年「マスターズ」でメジャー初制覇、翌年には世界ランク1位に上り詰め、華々しいキャリアを築いてきた。

しかし、16年1月から施行されるアンカーリングの禁止に伴い、前週の「WGC キャデラック選手権」から通常のシャフト長のパターにチェンジ。同大会では4位タイの好成績を納めたが、替えてから2試合目で連続予選通過がストップした事実が物語るのは・・・?(フロリダ州タンパ/塚田達也)

関連リンク

2015年 バルスパー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~