ニュース

米国男子シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、パット改善は“引き出し”の1つ

2014/10/19 10:58


前日、後半の4バーディで決勝ラウンドに滑り込んだ石川遼が、その勢いを持続した。ネバダ州にあるTPCサマリンで行われた「シュライナーズホスピタルforチルドレン」3日目、石川は5バーディ、1ボギーの「67」(パー71)で回って通算6アンダーの42位タイへと浮上を果たした。

「ほとんどのパッティングが完璧なところに打てている。スコア的にいえばもっと伸ばせた感じはある」。

<< 下に続く >>

読みにくいと話していたグリーン上だったが、スタートホールの10番で2m、続く11番で3mと連続してバーディ奪取。18番ではピン右上6mのフックラインをジャストタッチでカップに沈め、2バーディを奪った後半へと流れをつなげた。

「本来のルーティンではないけれど――」。前日までと、ラインの読み方を変えていた。読みの合うグリーンの場合は「直感でラインが合うことがすごく多い」というが、今週はそうはいかない。そういう時はどうするか?「時間をかけて慎重に読んでいます。最初にフックだと思っても、1回それを疑って。3回くらい確認しますね」。

さらに、普段は「構えて足の裏で読むタイプ」というが、今週は「しゃがんで低めのところから読むようにしたり、すべてのパットを3等分して読むようにしたり」。石川は「引き出しの1つだけど、それが当たっている気がします」とさらりと話した。

明日は首位と11打差でティオフする。「今日はコースに勝てたラウンドだと思うし、トップから離れているときはそこに集中するのも1つの手。試合の経験は貴重だし、そこで得られるものは多いので、やはりコースに対して“どうだ?”みたいな感じでやりたい」。明日も真剣勝負の18ホールが待っている。(ネバダ州ラスベガス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!