ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 フライズドットコムオープン
期間:10/09〜10/12 場所:シルバラードリゾートアンドスパ(ノースコース)(カリフォルニア州)

3打差3位の松山英樹「チャンスはあった」

グリーン上で松山が浮かべたのは、苦悶、落胆、そして最後は苦笑い。米国男子ツアーの14-15年シーズン開幕戦「フライズドットコムオープン」最終日、7位から出た松山英樹は、上位を追うべくバーディチャンスを量産したが、カップに沈んだバーディパットは3つだけ。1ボギーの「70」と2つスコアを伸ばすも、通算12アンダーは優勝したベ・サンムン(韓国)に3打届かず3位に終わった。

4日間を通して初めてコースを吹き抜けた風は、時に強く、時に弱く、方向を変えて選手たちを悩まし、上位のスコアは伸びていかない。

<< 下に続く >>

そんな中、松山はショットでチャンスを作り続けた。だが、前半はことごとくバーディパットがカップに嫌われ、折り返した12番で1mを沈めたのが、この日初めてのバーディだった。続く13番で1.5mのバーディパットを外すと、両膝に手をついて悔しがり、16番(パー5)でも1m強のパットはカップの底を叩かない。

それでも、17番でこの日2つ目のバーディを奪うと、最終18番(パー5)は2打目でグリーン奥のカラーまで運んだ。だが、約9mのイーグルトライは、カップ寸前で読みとは逆の右へと切れた。

「仕方ない――」。パッティングが入るかどうかは紙一重。松山は「入っていないけど、そんなに悪いとは思わない。(パットを)外し続けても3アンダー、4アンダーくらいで回れるショットがあればと思う」とぶちかました。

結果的に優勝したベとは3打差だった。「13番から16番で2個くらい取って、最後のイーグルパットが入っていれば優勝のチャンスがあった」というのは事実。だが、スイングイメージを変えた中での初戦と考えれば、3位という成績も上々だ。

この4日間、松山の“ショットのスコア貢献度”(ストロークゲインドティtoグリーン)は1.997で堂々の1位。逆に“パットのスコア貢献度”(ストロークゲインドパッティング)は0.212で45位だった。

「お先、真っ白(真っ暗?)から少しずつ光が見えてきた」というのが松山の率直な感想だ。「コースが変われば、気持ちの持ち方も変わってくる。そこでどういうスイングができるかが楽しみです」と次週のラスベガスへと気持ちを向けた。(カリフォルニア州ナパ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 フライズドットコムオープン

  • 2014/10/09~2014/10/12
  • 優勝:ベ・サンムン
  • 賞金総額:6,000,000US$
  • シルバラードリゾートアンドスパ(ノースコース)(カリフォルニア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!