ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・バークレイズ
期間:08/21〜08/24 場所:リッジウッドCC(ニュージャージー州)

マキロイもパットで苦しむ 石川遼とは“15打差” ポイントランク2位に後退

2014/08/25 09:55

グリーン上で苦しんだのは松山英樹だけではない。ロリー・マキロイ(北アイルランド)も同じだった。世界ランク王者は、フェデックスカッププレーオフ第1戦「ザ・バークレイズ」で優勝争いに加われないまま、通算5アンダーの22位タイ。ポイントランキングでは優勝したハンター・メイハンに抜かれ、2位に後退した。

「遅かれ早かれ、いずれ終わりは来るものだ」。今大会を迎える前に「全英オープン」、「WGCブリヂストンインビテーショナル」、「全米プロゴルフ選手権」と出場試合で3連勝をマークしてきたマキロイ。最終日は首位と5打差でスタートしたが、グリーン右バンカーからの第2打を奥のラフまでオーバーさせた10番(パー3)でダブルボギーを叩くなど「70」と振るわず、通算5アンダーの22位タイで終えた。

<< 下に続く >>

終始苦しんだのはグリーン上でのプレー。4日間の合計パット数は118(初日から32-28-29-29)で全体57位。1位だった石川遼とは15ストロークの開きがあった。

「本当に残念」とこぼしたが「ゴルフがすばらしいのは、一日が終わってもまた次の週に試合があること」。ドライビングディスタンス部門では平均303.8ヤードでトップの飛距離を記録するなど、ショットは好調を維持。「ティグラウンドからグリーンにたどり着くまではいいプレーができている。何日かまたパットを練習して、来週のボストンではまた違った展開になれば」と自信は揺るがなかった。(ニュージャージー州パラマス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!