ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

【速報】松山英樹が4アンダー、石川遼は2アンダーで決勝ラウンドへ

2014/08/23 06:55

米国男子プレーオフシリーズ初戦の「ザ・バークレイズ」2日目。13位タイからスタートした松山英樹は、3バーディ、2ボギーの「70」(パー71)で回り、通算4アンダーとした。ホールアウト時点での暫定順位は16位タイ。

序盤の11番で、2打目をグリーン左のバンカーに入れ、バンカーショットもグリーンをオーバーしてボギー。以降はパーが続いた。

折り返し後、3番(パー5)で3メートルのパットを着実に沈めてバーディとすると、4、5番でも連続バーディを決めた。波に乗るかと思えたが、8番(パー3)ではピンの左7メートルに乗せた後、3パットをたたいてボギーとした。

一方、10位タイから出た石川遼は4バーディ、6ボギー。通算2アンダーでホールアウトし、順位を下げた。午後5時50分(米国東部時間)時点で、暫定39位タイとしている。

前半は1番から4番までバーディとボギーを交互に繰り返す出入りの激しいゴルフ。6番でもボギーとしたが、8番(パー3)ではチップインバーディを決め、なんとかイーブンで回った。

後半は11番でティショットを右に曲げ、ボギー。16番で8メートルのパットをねじ込んでバーディとしたが、17、18番でショットが冴えずに連続ボギーとした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!