ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:07/31〜08/03 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

序盤に冷や汗の丸山大輔「どうなることかと思った」

2014/08/01 09:19

2006年、07年に米国男子ツアーにフル参戦していた丸山大輔にとっては、久しぶりの米ツアー。オハイオ州アクロンにあるファイヤーストーンCCで開幕した「WGCブリヂストンインビテーショナル」初日、丸山は3バーディ4ボギー1ダブルボギーの「73」(パー70)、55位タイでクラブハウスに戻ってきた。

「ティショットから力が入るので、アイアンでも力んで引っかかってオーバーした」という丸山は、スタートホールの10番で奥のラフから寄せきれずにボギー発進。12番(パー3)でもボギーを叩き、迎えた16番(パー5)ではティショットをバンカーに入れ、フェアウェイに戻した後の3打目を池に入れてのダブルボギー。続く17番もボギーとし「どうなることかと思った」と照りつける太陽の下で、冷や汗を拭っていた。

<< 下に続く >>

それでも、「多少ランが出たのと、ティが少し前だったので少し楽に回れた」と、18番のバーディをきっかけに立ち直った。フェアウェイキープ率78.6%(14回中11回)の好調なドライバーにも助けられ、後半は2バーディ1ボギーとスコアを伸ばしてホールアウト。「良かったんじゃないかなと思います」と、初日の出来に安堵した。

この日、丸山が難しさを感じたのは、フェアウェイからのアプローチだった。「手前のなんでもなさそうなところからが難しい。こっちの選手は転がしたり、パターでやったりするけど、ついつい日本でやっていたからSWを持ってしまう」と、芝質の違いにアジャストすることがまだ出来ない。「芝がペタペタしていてバンスが弾かれるのと、芝の抵抗が違う。逆目だと全然滑っていかないし」。かつての感覚を取り戻すには、もう少し時間が掛かりそうだ。

「イージーボギーをなくしていかないと、多分4日間持たないです」と苦笑いを見せた丸山だが、残り3ラウンドは保証されている。「1回はアンダーで回りたい」という目標達成も、決して不可能ではないはずだ。(オハイオ州アクロン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!