ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 場所:ロイヤルリバプール(イングランド)

「だいぶ差がついた」 ウッズはドライバー作戦が裏目に

メジャー復帰戦となった「全英オープン」で初日10位タイと好位置につけていたタイガー・ウッズは2日目、ショットが左右に曲がり「77」。通算2オーバーは56位タイと辛うじて予選通過を果たしたが、初日からトップを走るロリー・マキロイ(北アイルランド)に14打と大きく差を付けられた。

初日とは異なり、左からの追い風が吹いていたスタートホールでタイガーが持ったクラブはドライバー。しかし左のバンカー越えルートを狙ったが、ボールは左に引っかかるフックで18番ホールの左ラフの深い場所に沈んでしまう。グリーンを狙うことはできずにアイアンで打った2打目は右のラフ。3打目はグリーンオーバーとトラブルは続き、 結局4メートルのボギーパットを外してダブルボギーを叩いた。

<< 下に続く >>

さらに続く2番でもドライバーで右の風に乗せてバンカー越えを狙うルートを選ぶが、フェアウェイを捕らえられない。右ラフからのショットはグリーンをオーバーし3オン2パットのボギー。7番ではグリーン外からパットで打った4打目を沈めてパーを拾うなど、ピンチを切り抜けるホールもあったが、5番、10番や16番などパー5のチャンスホールでバーディを獲ることができず14ホール連続でパーが並んだ。

そして17番は458ヤードと距離の長いパー4。午後は追い風で比較的易しいホールだったが、ウッズはドライバーで振り遅れ、球は右にプッシュアウトさせてOB。5オン2パットのトリプルボギーとなってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★プレー後のインタビュー

―最終ホールのバーディ
「バーディを取ったことで予選を通過、週末のチャンスがあります。だいぶ差がついていますけどね・・・。 99年ポール(ローリー)が成し遂げた、最終日10打差を追いつくようなゴルフができるといいですね。 最終日残り9ホールで優勝のチャンスがあるような位置まで挽回したい」

―ティショットについて
「ドライバーを上手く打つ事ができませんでした。 今日はもう少し積極的に攻める作戦にしました。今日吹いていた風だとバンカーを越えてグリーンに近づき、ウェッジでグリーンを狙うことができると考えました。そういうチャンスがあったと思いましたが、いいティショットが打てませんでした」

―ドライバーではなく3番ウッドという選択はあったのでしょうか?
「いえ、3番ウッドだとバンカーを越えるだけのキャリーを出す事はできなかった」

―今日のラウンドの感想は?
「良くありませんでした。 またスタートが酷かったです。 その後チャンスが数回あり、スコアをイーブンパーまで挽回できるように頑張りましたがうまくいきませんでした。グリーン上でパットを沈める事ができませんでした」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初日は16番のみでドライバーを使ったタイガーは、2日目には5ホールでドライバーを使ったが、ボールは左右に曲がり、作戦は裏目に出てしまった。1番では左、2番右、5番右、16番左、17番右OB、打ち直しは左。6回打って1度もフェアウェイを捕らえることができなかった。スイングリズムは前日よりも早く、トップから右肩がレベルターンではなく下がってしまう悪い癖が再発していた。

問題はドライバーだけでない。 前日コントロールの効いたドローで左サイドのピンを狙うことができていたアイアンショットの切れ味は消えていた。パーオンしたのは11回。しかし5メートル以内のバーディチャンスは2.5メートルにつけた4番と最終18番のみ。バーディを比較的取り易いパー5のホールではチャンスをものにできなかった。

また、ラフに打ち込んでしまった後に、次のショットをまたラフに入れてしまうというシーンもタイガーらしくない。1番ホールは、隣の18番の左ラフからの2打目にあまり時間をかけずにラフ打ち込み、ダブルボギー。16番ではティショットが左ラフに行き、2打目は右ラフ。17番ではティショットをOB、打ち直しの3打目は左からラフだったが、4打目を打ってはいけない右奥のラフにオーバーしてトリプルボギー。メジャー競技での1打差の重みを誰よりも知っているタイガーだけにこのようなケアレスミスは残念だった。

3日目は悪天候が予想されるため、「全英オープン」史上初めてスタートで1番と10番の両方のティを使い、3人1組でプレーされる。ぎりぎりで予選通過したタイガーは10番からのスタート。前半インの10番、16番、18番と3回あるパー5でバーディを奪い、ムービングデーのチャージを期待したい。

(解説:アンディー和田)

★ラウンド データ

77(5オーバー)
フロントナイン 38(3オーバー)
バックナイン 39(2オーバー)

・バーディ:1ホール
・パー:14ホール
・ボギー:1ホール
・ダブルボギー:1ホール
・トリプルボギー:1ホール

・パー3: イーブンパー
・パー4: 6オーバー
・パー5: 1アンダー

・フェアウエーキープ率: 57.1% (14ホール中 8ホール)
・パーオン率: 61.1% (18ホール中 11ホール)
・合計パット数 31パット
・ドライビングディスタンス 平均 316.5ヤード(計測5ホール 340ヤード、16番ホール 293ヤード)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!