ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ワクワク?不安?優勝争いに挑む松山英樹の胸の内

2014/05/25 08:12

テキサス州フォートワースにあるコロニアルCCで行われている米国男子ツアー「クラウンプラザインビテーショナル」の3日目、同ツアーでの自己ベストを更新する「64」(パー70)で通算7アンダーまでスコアを伸ばした松山英樹が、首位タイでツアー初優勝を目指す最終日最終組へと駒を進めた。

だが、「不安の方が大きいです」とは、3日目を終えた直後の松山の弁。「当然、ワクワクもありますよ。でも、良くない部分が出たらどうなるか?今日良かったパッティングがすべて入らなかったらどうなるか?マイナス要素をすごく考えたりします」。

無骨で、なにものにも物怖じしないように見える松山だが、心の中の闇の部分は否定しない。「いつもですよ。プラスで考えることはあまりない」。そんな不安を克服して、日本では5つの勝利と賞金王をもぎ取ってきた。

松山にとって、今季開幕戦の「フライズドットコムオープン」での3位タイが米国男子ツアーでの最高位だが、初優勝に一番近付いたのは今年2月の「ウェイストマネジメントフェニックスオープン」。最終日に首位と1打差まで迫ったが、優勝争いのプレッシャーの中で「思うように打てなかった」というパットに泣いて4位に終わった。

その時の悔しさは、松山の胸の中に今もしっかりと刻まれている。「だから優勝争いの中で、今のパッティングが通じるか、通じないか分かると思う。それを確認しながらやっていきたい」。

昨日まで、パットのスコア貢献率は1R:-1.047、2R:-1.868だった松山だが、この日は一気に3.673とプラスに転じた。弱みをつぶし、強みへと変貌させるのがこの男の頼もしさ。「だいぶ調子が上がりつつあるので、(不安も)1つ良いショットが出れば消えていく。バーディ先行で行けたら楽しみな1日になると思う」。フェニックスでの借りを返す時がやってきた。(テキサス州フォートワース/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 クラウンプラザインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。