ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 RBCヘリテージ
期間:04/17〜04/20 場所:ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

自在の軌道で3日連続の60台 石川遼「来週につながる」

サウスカロライナ州にあるハーバータウンGLで行われた米国男子ツアー「RBCヘリテージ」の最終日、石川遼は4バーディ2ボギーの「69」とスコアを伸ばし、通算3アンダーの18位タイでフィニッシュ。初日の124位から大きく巻き返して4日間の戦いを終えた。

“タラレバ”は言っても仕方ない。だが、初日の「77」を除けば、残り3日間は「68」「67」「69」の9アンダー。優勝したマット・クーチャーの11アンダーには及ばなかったが、十分に優勝争いに絡めるスコアだった。

最終日は11番、12番と6メートルほどのバーディパットを立て続けに沈めるなど、ミドルパットが復調した。ティショットは上空の風を避けるように低く打ち続け、最終18番では右サイドのラフから残り190ヤードを4Iでピンそば3メートルへとつけガッツポーズも飛び出した。

「真正面からのアゲンストで左はハザード。4Iで低いドローを打ちつつ、手前のバンカーを越えないといけないし、高い球だと吹き上がってしまう。自分の理想の球が打てた」。

だからこそ、決めたかったバーディパット。直前の17番でも5メートルのチャンスにつけていただけに「最後はどちらか入れたかった」と悔しがった。

ショットに関しては、「良い状態を90とか100だとしたら、今週は0から50の間だけで4日間をやった感じ」。だが、そんな状態でも致命傷にならないのが、今の石川だ。「ここまで上がって来られたので、来週につながると思う」と力強い。

「あえて、持ち球を作らない」と石川は言う。「コースが求めている球を打っていく。このホールをこういう構造にしたのには何か理由があるはずだと考えて、ゴルフをやっていくのが楽しい瞬間。ナゾナゾじゃないけれど」。球の軌道の高低左右を自在に駆使して、難コースを攻略できるのが、今の強みだ。

次週から日本に帰国して「つるやオープン」「中日クラウンズ」に出場する。「コースに立って自分がどう変わっているのか気付けると思うので、その気付きが楽しみです」と話した。2年ぶりとなる両大会で、一回り成長した雄姿が見られるはずだ。(サウスカロライナ州ハーバータウン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 RBCヘリテージ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!